Information

■出演予定

ミュージカル 『ローマの休日』
10月4日(日)~28日(水) 帝国劇場
12月19日(土)~25日(金) 御園座
2021年1月1日(金祝)~12日(火) 博多座

出演:朝夏まなと・土屋太鳳 加藤和樹・平方元基 太田基裕・藤森慎吾
久野綾希子 今拓哉 岡田亮輔 小野妃香里 港幸樹 松澤重雄 他

公式サイト https://www.tohostage.com/romanholiday/


■DFH/小野妃香里 Dance Factory

11月のLESSON
1日・8日・15日・22日・29日
●毎週日曜日 10:30~12:30

前半50分 ストレッチクラス
(身体の内部に意識を向け各機能を目覚めさせるストレッチと
体幹を鍛える基本バーレッスン)

後半50分 コンビネーションダンス
(ミュージカル・ポップスからヒーリングまで
いろいろなジャンルの曲で振付を覚えて踊ります)
https://www.saistudio.net/komone-b.html

運動不足解消!ストレッチクラスのみの参加も歓迎!
体験レッスンあり、お問い合わせはこちらまで

|

2020/10/29

Ciaoございました

Img_20201029_115838


ああああ。終わりました。
全然、圧なんか感じてないと思ってたわりに、終わってみたらこんなに脱力してるわ…。たぶんみんなも同じ。そんなこんなを語り合えるはずもなく…打ち上げずにいつもと同じく帰路に着いて一夜明けました。

でも、まだ終わりじゃないので、この仕事をやり終えるまでは絶対に負けん。

いい歳して肘に擦り傷。忘れてて湯舟に浸かったら、年老いたカラスみたいなシワがれた、ア"ーって声が出た。

ひとまず、いつもの神社に行ってきます。

お運びくださった皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020/10/22

Ciaoございます

いよいよ最終週に突入しちゃいます。

寝ても疲れるというお年頃ですが、毎朝、楽屋の明かりを暗めにしてストレッチ。前日までの凝りが抜けて新鮮な身体で舞台に向かうのですが。

ルイザの後は首と肩がもりもり。
どこでぶつけてるんだか、手足に傷。

怒るって、そこの筋肉使うんだよねと、改めて冷静に分析してみたりする。

来年度のイタリア語検定を受けようと思ってたんだけど(笑)…1日ほんの少しずつでもお勉強しようと思ってたのに、身体のメンテだけで手いっぱい。

後半戦も皆さんに楽しんでいただけるよう、かんかんに沸騰させて、インペリアルシアターでお待ちしております。

| | コメント (2)

2020/10/08

ローマの休日の休日

Img_20201008_091532


帝国劇場ローマの休日、幕が開きました。既に5日前ですけど。

初日だからと特別に華やぐ感じでもなく稽古からの地続きで着実に地に足をつけて一歩踏み出した感じです。

帝国劇場では自粛開け一本目のミュージカルだそうですが、しかしこれが私達の日常ですというような雰囲気で劇場スタッフさん方のプライドみたいなものを感じます。それから沢山の神様と歴々の役者さんたちの魂に守られている感じが在る。そういうものを信じているかといえばそうでもないのだけれど、ただ感じるとしか言いようがないのだけれど。

しかし、今回は冗談抜きで、明日はもう出来ないかも知れないと思う中で…ひとつひとつの瞬間を大切にしようと物凄い集中力が働いてる。目の前で起こること全てを味わい尽くしたい。
相変わらず瞬発で飛び道具的な役割を果たすべく。日々反省はあるけど、やり残した感はない。今日は今日で着実に燃え尽きている。

1秒も無駄にしたくない。
王女と同じ気持ち。

意を決して、お運びくださる皆さんと劇場で楽しい瞬間を共有できますように。

休演日も早朝からワサワサしてる貧乏性…。

| | コメント (3)

2020/09/21

ローマの稽古日


世の中、連休らしいけど…。昨日から急に電車が座れなくなったけど…。

ローマの休日ってさ、ぱっとオードリーの画が浮かんでくるし、ストーリー的には庶民の街に出た王女様があそことあそことあそこに行って一日を過ごす話だよねって…もう、よぉくよぉく知ってて場面もストーリーも細部まで目に浮かんで来るんだけれども。
お掃除の合間に流しておくか…と思ってつけて、気がつくとずっと観ちゃってる。そしてなーんでなんだか必ず号泣しちゃってるわけ、昔から。
そうして毎回「やっぱり名作といわれるだけあって面白いんだなぁ」と思って終わってたけど。

何が面白いのかって…何故、泣けてくるのか。改めて考えてみた。この際ですから。
まず、主人公たちが次にどう出るのか次々と展開していくのに目が離せなくなる。あの映画には一分の隙もない。庶民にはなんでもない風景が出来事が、そこではなんでもなくない。そして面白くて楽しければ楽しいほど、この瞬間がこの瞬間に終わっていく寂しさを感じる。しかもそれは二度と味わえない。
んー、文字で書くと整然としちゃってるし、それもありきたりで、あの感じがいまひとつ表現しきれないけど。

舞台は舞台ならではで…この瞬間がこの瞬間に終わっていくという感覚をお客さんと同時に一緒に味わえちゃうのかなぁ。
あまり先を見ずに今日一日を着実にと積み重ねて、気がついたらもうすぐ9月も終わりだった!
でも、まだ先は見ない。今日のこの瞬間に出逢う、面白いことを精一杯味わっちゃうんだー。

| | コメント (3)

2020/09/04

さんすうの問題

Img_20200904_083637


ヒカリさんは5匹のメダカを買いました。
水を張った蓮の鉢のボウフラ対策でしたが、ある猛暑日に鉢を覗いたら3匹しかいませんでした。
野良猫にやられたか、暑さでダメだったのか?蓮を取り出して、どこを探しても影も形も見当たりませんでした。
残りの3匹を救出して、まあるい金魚鉢に入れて涼しい部屋に置きました。
蓮の鉢はきれいに掃除して、庭の水撒きの度にじゃぶじゃぶ水を入れ替える事にしました。
ある日の夕方、じゃぶじゃぶしようと鉢を覗いたらメダカが泳いでいました。
あれ?生きてたの?うっそん⁉︎
あんなに探したし、きれいに水も入れ替えてたのに⁉︎
呆然と眺めていたら鉢の中には4匹泳いでいました⁉︎
さて、ヒカリさんのメダカは何匹でしょう?

一瞬、何が起こったのか分からなかったけど、きっと蓮の葉っぱの裏とかに卵を産みつけてたんだね。無神経な人間にも負けずに産まれたんだね。よーくみたら水の中には微生物みたいな極々小の赤ちゃんたちが、うじゃじゃじゃがじゃじゃじゃ泳いでる。

一方、蓮の為に水を張ったこの鉢でしたが…このこは3年経っても葉っぱばっかりで1度も花を咲かせてくれませぬ…。

自然の産数の答えは必ずしも1+1=2ではない。簡単には解けないのでR!!

| | コメント (2)

2020/08/26

イタリアーノ

200826113100578_deco


今度はローマなもんで、性懲りもなくイタリア語を齧り始めました。

案外、普段の生活の中にあったんだって気がついたりする。

ほぼ毎日食べているグレープフルーツのシロップ漬け、酸っぱ甘くて潤ってくる感じが夏の暑さや冬の乾燥から「はぁ〜生き返るね、こりゃ命の源だ」って、何の気なしに言ってたら、それがVITAっていうネーミイングの商品だった。命って意味。

元が一緒なのでフランス語と似てるけどちょっとだけ違う〜!みたいなところが…頭の中でこんがらがっちゃってますけど。
でも、イタリア語は元祖ローマな文字だけあってローマ字読みだったりして…そんな一見なんでもないことにエラく感動しちゃってる。
読みやすいし、発音しやすい。

そういえば、昔々、声楽やってた頃イタリア歌曲、唄ったわ。カーロミオベンとかオーソレミーオとかオンブラマイフとかとか。今更だけど意味をよーく調べて歌ってみよう。
イタリア語のアクセントはとても音楽的。意味も解らず聴いていると歌みたい。

言葉を知ると国民性が浮き出てくる。
日本語は隣の音叉と調和を奏でる感じで、フランス語は頭蓋骨に響いてどんどん自分の内側に入る感じ。イタリア語は腹据えて外に撃ち出す感じ⁉︎これは私の感想だけども。声を発する場所がそれぞれ違う気がする。

うん、つまりイタリア人の役をやるには声の出る場所から変えてみようという算段です。
あれ?ひーちゃんどこに居た?くらいにイタリア人にみえたら面白いんだけどな〜。

| | コメント (1)

2020/08/14

仮装大賞

 

ちょいとご近所さんに徒歩で野暮用を済ませに行こうと思い…

UVケアして虫よけスプレーして感染症対策して…

鏡みたら…これって…

♪ヒっゲをつっけぇたら〜!!
ドラえ〜もん〜  じゃない⁉︎

せっかく、ユニクロで「これ好きな色〜!着てるだけでアガるぅ」と思って買ってきたけど…

Img_20200814_073621

| | コメント (2)

2020/08/06

会報発送しました!

Img_20200806_153400

ぴかぴか組の皆さんには、会報61号本日発送しました!
近日中にお手元に届かない場合はお問い合わせください。

| | コメント (2)

2020/08/02

いまいちどひきしめて

Img_20200802_202618


セミが鳴き始めると梅雨か明けると云いますが、その通りでした。

梅雨明け宣言が出た日の早朝、抜け殻から出たばかりの産まれたてのやわい真っ白なセミさんと出逢いました。写真を撮ろうと思ったのですが、スマホを持ってない事に気付き走って家まで戻り5分後くらいに撮ったので、少し色が出始めた頃でしたが、最初に見た時は気持ち悪い位真っ白でした。殻があったので、あぁセミかぁって分かったくらい。
こんな、コンクリートの人目にもついちゃう所で羽が乾くまでに鳥たちに見つかるよ!直ぐに樹液も吸えないし、樹までうまく飛べる?なんでこんなとこで出ちゃったん?とにかく頑張ってね。っていってお別れしましたが。そしたら昼頃、梅雨明け宣言。たぶん、あのセミちゃんが梅雨前線押し上げてくれた。

7月長かったな〜。夜、湯船に浸かったら、内臓がじわ〜っと温まって、動き出した。なんかジメジメしてて滞ってたんだわ。と気付きました。…もう、雨カンベン!とは思ってたけどそこまでとは。

しかし、今度は暑さとの闘い。そして、寒くてもジメジメでも猛威をふるうウィルスは暑くても生き残るのか⁉︎ぜったい負けないけどね。

| | コメント (3)

«吠える