Information

■DFH/小野妃香里 Dance Factory

3月のLESSON
7日・14日・21日・28日
●毎週日曜日 10:30~12:30

前半50分 ストレッチクラス
(身体の内部に意識を向け各機能を目覚めさせるストレッチと
体幹を鍛える基本バーレッスン)

後半50分 コンビネーションダンス
(ミュージカル・ポップスからヒーリングまで
いろいろなジャンルの曲で振付を覚えて踊ります)
https://www.saistudio.net/komone-b.html

運動不足解消!ストレッチクラスのみの参加も歓迎!
体験レッスンあり、お問い合わせはこちらまで

|

2021/03/03

桃の節句

Img_20210303_153952


写真は庭で絶賛満開中の梅ですが。
冬の間の茶色い景色の中に花が咲くと気持ちが前だか上だか…どこだか知らないけど、イケる気がしてくる。

今年は何十年かぶりにおひなさまを出してみようかな~と思っていたのに、気が付いたら今日でした。来年、必ず出そう、どんなに忙しかろうともね。丁度、半世紀の厄除けにでも。桃って、確かイザナギが黄泉の国から追いかけてきた魑魅魍魎たちに投げつけて追い払ったよね。

それにしても、も~う三月ですわよ。

| | コメント (2)

2021/02/20

ひばち

Img_20210220_183858


言葉通り…火遊び!?燃えるのをひたすら見つめてるだけでちょっと脳がチカチカするのはなんでだろう。興奮状態?野生のサガが呼び起されてる?火って絶対そういう力あると思う。
炭に火を付けて、灰の中にサツマイモを仕込んで、炭でお湯を沸かしてお茶を呑む。
暖かさの質が、なんだか電気とは違うんだよね。匂いも懐かしい。

火鉢は私が子供の頃、祖母の家で使われていたもの。
寒い朝、柱時計が幾つ鳴って目が覚めたのか…布団の中でぐずぐずしてる私の隣で祖母はサバっと起き上がり、布団の下に敷いて皺伸ばしした着物に着替え、帯をして、布団を畳んで押入れに仕舞う。腰まで伸びた長い髪を一本の乱れもなく纏めて結い上げる。無駄な動きが全くなく目にもとまらぬ速さでこの一連を終わらせる。
子供ながらに、きれいだな…と思ってみていた。今思うと、それは毎朝変わらず、寒いの暑いの云わずに淡々と繰り返される営みなんだということが、きれいと変換されていたのだなと分かる。
一連を終わらせた祖母は無言のまま、どこかへ消え…私は布団の中で尚もぐずぐずしていると、ぱちぱちはぜる炭を持って戻ってきて、この火鉢に入れていた。

昨今とは比にならないくらいの寒さだったと思う。布団にいても鼻はキーンと冷たかった。今は電気でどうにでもできる。直火じゃないから危険も半減はしてると思う。ありがたい。

ありがたいけど、ちょっとした恐怖も感じている。
電気が無ければ水も出ない、スマホも使えない。
明日の仕事に行く為には、あれとそれとこれとどれの充電しなきゃいけないんだった?
電気がなくちゃ何一つ動かない。

いや、今日は本当は電子マネーとかなんちゃらポイントとかネットで確定申告とか動画配信とか…完了するまでにマジ時間ばっかりかかるわ!って事を書こうと思ってたのに、話が逸れた。でも、これらだって電気がなきゃ何一つできないんだわよ。

ネットで使う時間は惜しいのに、ほぼ意味のないただの火遊びに時間を使っちゃうんだな~。

| | コメント (1)

2021/02/02

きさらぎ

210202225523672_deco


寒くて衣を更に着る…衣更着でキサラギだとか。それで如月!?
にーがーつ!に入っちゃいました。
本当に…野球拳やったら絶対負けないってくらい重ね着してます。
寒い冷たいって感じると動けなくなるし、なんかどうしてだか知らないけど勝手に悲しい気分になるから、基本イチミリたりとも一瞬たりとも感じないように完全防備。冬はいつもの事ですが、暑ければ脱げばいいしさ~。

編物好きの母が溺愛犬とお揃いのチョッキを編んでくれました。
勿論、外には着て行きませんが、それでもなんだか気恥ずかしい。いくら溺愛とは言え、犬とペアルックってどうかと…。
と思っていたら、また別の毛糸で帽子にもなるネックウォーマー。犬とお揃いの。こちらはお散歩に持って来いなわけで。

ただでさえ、犬と喋りながら散歩してるおかしな人なのに、溺愛とはいえ、どんだけ依存しちゃってる人に見えることか!

ええ、ええ。とにかくタンタンとこの冬を乗り越えますよ。

どう言葉を結ぼうか、冬眠とか、もうすぐ春とか、あったかい陽ざしとか連想してたら…The Roseの曲が脳内に流れてきた。

Just remember in the winter
Far beneath the bitter snows
Lies the seed that with the sun's love
In the spring becomes the rose

| | コメント (4)

2021/01/27

近況


ローマの大千穐楽から二週間、本当の意味で無事に終了…なのかな。

まだまだ闘いは続きそうですが…。
出来ること、絶対にしてはいけないこと、ひとつひとつ見極めて進むしかない。
それが何かということもまだまだ曖昧だったり、後々、笑っちゃうことかも知れなくても、今は信じて進むしかない。

あ~、飛行機に乗って外国とか行きたいよ~。いつになったら行かれるようになるんかな。
もう、おばあちゃんになっちゃうよ。しかし我慢ですな。

最近はもっぱら…目的地を決めないドライブ。
好きな役者の映画を片っ端からどんなに端役でも観る。
皺なくふんわり仕上げるための洗濯を極める。
次、畑で何を作ろうか調査中。
この年でもう無理じゃない?と思われるダンスの技にチャレンジ。
溺愛犬と会話しながらだらだら散歩。
何故か明治時代に書かれた旧字旧仮名の小説にハマっている。

…だんだん変な方向に。どれだけ時間余ってるのよ!こうして書き出してみると、わわわって思うけど。
普段からやってることのような気もするが、今だから出来ることのような気もする。

無駄でもいいじゃん!
バネはぎゅうっと押した分だけ跳ね上がる。掘り下げた分だけ空が高くなる。

無駄かも知れないけど、誰かに優しくなれるタネを、やっぱりいつでも探してる。


| | コメント (3)

2021/01/13

ローマの休日 大千穐楽

Img_20210113_150006


無事に大千穐楽を迎えました。

応援、パワーを送ってくださった皆様、劇場にお運びくださった皆様、ありがとうございました。

夏の終わり頃に稽古がはじまり、ひと月お休みはありましたが、年を越した今日まで、毎日、心をかけたものと仲間たちとすぱっと明日からはお別れなんて…いつもの事ながら、舞台って本当に儚いな~。でも、考えてみたら舞台に限らず、それがこの世のことわりなのかもですが。

千穐楽の幕が降りて、博多座さんオリジナル?の一本締めを劇場、制作スタッフとキャストでしました。
整列退場でまだ客席に残されていたお客様には聞こえたのですね…客席からの拍手が。
舞台公演がバタバタ中止になっていく中にあって自分たちが無事に終えたからって泣いてはいられんよな~と、カーテンコールまでは思っていたのですが、幕の向こうからのその拍手返しを聞いたらどぅわっと涙が出ちゃいました。

終演後、楽屋を片付けて飛行機に飛び乗って、朝には博多にいたのに気が付いたら東京。お世話になった皆さん全員にきちんとご挨拶もできずに労いもできずに帰らなきゃいけないのが…やっぱり残念でした。


そんなこんなで、帰り着いた途端に、福岡に緊急事態宣言。

本当にこの作品は寸でのところで危機をすり抜けてきた。

ただの幸運かも知れないけど、ひとりのこらず全員の気概があったことも間違いない。


私にとって、ずっと心に残る作品になりました。
儚いけれど一生モノ…まるでローマの休日。
多分、台詞も一生忘れない(笑)

| | コメント (4)

2021/01/09

博多より

Img_20210109_173145


こちらは雪が薄っすら積もっています。

そんな中、夏のローマ人なので衣装が全部ノースリーブ。ぺらっと一枚のワンピース。

劇場は換気のため、外気を取り入れているので舞台上は冷たい風が吹き抜けてます。。男性は案外厚着はしているものの、手先は冷たくて、両手で両肩を抱かれた日にゃ、初心な女の子かっ⁉って感じにすくみ上って固まっちゃいますが、じっと座っていなきゃいけないお客様は大丈夫かな~?このご時世だから致し方ないとはいえ、まだまだ我慢が続きそうですね。

博多座はあと三日。そんな寒い中でも、風邪もひかず最後まで行くぞという気が劇場に流れています。

着実にラストまで…。

| | コメント (4)

2021/01/01

あけました

210101222201449_deco


年も幕も!

博多座で3階席まで満員のお客様。
正直、元旦からこんなに観に来られる方がいらっしゃるとは思ってなかったのかな…。
土地柄、興行というものに対しての意識が高いのかもしれないけど、客席からの気が迫ってくる感じと拍手の鳴りが大きくて、身体の中で血肉が奮い立つ感覚があった。
この感覚が久々だったのか、なんなのか?やっぱり舞台やってて良かったなって、すごく思っちゃった初日でした。
この公演の最終地で幕が開いたという感動もあったのか?だいぶクールな私な筈なんですが、カーテンコールは涙がじゅわじゅわして我慢するの大変でした。

2021年、明るい方を向いて、1歩ずつ。
ぼちぼち進んでみよう。
先ずは博多座、ローマの大千穐楽まで。

| | コメント (3)

2020/12/29

よいおとしを

Img_20201229_131439

気がつけば今年も後3日⁉︎
名古屋からの帰りはクリスマスの新幹線で、♪きっと君は来ない〜1人きりのクリスマスイブ〜が延々とリピートしておりました…いつもなら、みんなでワイワイ帰って来てたのではなかろうかと思いつつ。
博多行きは飛行機。ぼっちだから、自撮りだよ〜。

 

そして、なんだか恐怖なのは年越しの瞬間ホテルの部屋で独りでいなきゃいけないのかなぁって…オバケが出るより怖いかも!
しかし、実家に帰らないで東京で独り頑張る人達もたくさんいるもんね、そんなこと言ってられない。大晦日は一日中舞台稽古で、クタクタで、案外がーがー寝ちゃうんだろなって気もしてます。

 

何より、元旦からあんな大舞台に立たせて頂けるんですもんな。全員でPCR検査もくぐり抜け幕を開けるんですもん。
今、出来るコト着実に全部やる。舞台上でも、生活でも。
皆さまもご無理はなさらず、楽しいコト探しながら…。

 

Fly away!年を越えよう。

Img_20201229_131244

 

| | コメント (4)

2020/12/22

年の瀬

Img_20201222_165044

名古屋に居ます~。
只今、御園座公演の真ん中終了~。
写真は今日のお弁当とおやつ。
最近では家でも普通に食べますが、ホテルの朝食は小倉トーストが出てきました。
ひつまぶしも食べましたよ~。
柚子湯も入りました。
熱田神宮で幸先詣もいたしました。
おくりびと以来の御園座。建て直されて綺麗に。洋モノもしっくりくるし、和ものもハマるんだろうなぁっていう感じの素敵な舞台。

 

変わらないモノと新しいモノ…
劇場の前の御園のタブノキさんがこの街に大事にされているのをみてそんな事を考えた。
御園座、残すところあと5公演。
2020
ラストスパート。
Img_20201222_165004

| | コメント (3)

«いてき