« 妃香里です。 | トップページ | 正解は… »

2007/04/20

妃香里です。

浅田次郎さんの「あやし うらめし あなかなし」という短編集の中に、遠別離というお話があります。これを読むと、「だから歴史って面白いんだよなぁ」って凄く思います。先人達の歩いた道の上に私達が今という時間を生きている、そしてこのあと私達が消えてもそうして続いていくんだな…って。
で…早速、今話題のあの場所に行ってみよう!ほんとは
もう少し空いてからと思ってたんだけど…。
短編なのですぐ読めるから読んでみて~!

|

« 妃香里です。 | トップページ | 正解は… »

コメント

妃香里さんからのれんらくが一杯で嬉しいですっ!!
お財布も作って温泉も行かれて、読書も‥やりたいこと次々こなすパワーに
脱帽っ!です★オススメの本、探してみますねっ!

投稿: YUKARI | 2007/04/20 18:38

妃香里さんお勧めの本、是非読んでみようと思います^^先人達・・という言葉から、『忍者エール弐』の、おばばさまの存在が真っ先に浮かびました。歴史の不思議な魅力に、またまた引き寄せられそうですね。ところで、あの場所って・・妃香里さんの大好きな○○○像のある所でしょうか??それとも「遠別離」を読んだらわかるのかな・・?気をつけて行ってらっしゃいませ♪

投稿: ジェミニ | 2007/04/20 23:28

妃香里さん本の紹介ありがとうございます♪読んでみます。題名も「遠別離」も気になります。おばあちゃんこだったので、祖母の事はよく思い出しますし、私も忍者エール2のおばばさまの事思い浮かびました!「それがぺらぺらのドレスでも嬉しい。」と言ったおばばさまの台詞は祖母とリンクするのか?今でも涙がでます。好きな作品です♪妃香里さんがいらっしゃるのはどちらでしょうか次は美術館かな?と美術館にも行ってみたくなりました(笑)まだ込んでいそうです。

投稿: よりこ | 2007/04/21 13:41

映画に行かれるのでしょうか?東京タワー見たいです♪

投稿: よりこ | 2007/04/21 14:37

初コメントです。
妃香里さんおすすめの本。店に在庫が無く、速攻で注文してしまいました。
本の紹介文を読んで、気になってしまったので。
妃香里さんは、いろいろなジャンルの本を読んでいらっしゃいますよね。
時間が無くて読めないとばかり、言っている私は見習おうと心に誓い、仕事に励みます。
おすすめの本の紹介。また、お願いします。

投稿: 山内わたる | 2007/04/21 16:06

今話題のあの場所・・「遠別離」の読者レビューから、なんとなくわかりました^^近いようで、人の多さを懸念して中々足が向かない感じよくわかります。不思議なことに、あそこには沖田総司に纏わる神社やお寺もすぐ近くに在るんですよね。これもまた必然??先月、『幕末純情伝』の楽日から数日後に、たまたま近くまで行く用事ができて、思い切って訪ねてみました。ちょうど桜が満開の頃で、ふと振り返ると、現代の喧騒がそこにあるのですが・・ほんのちょっと奥に入っただけなのに、その場所には、その時代を生きていた先人たちの空気感が漂っていて、不思議な気持ちになりました。せっかくお出かけになられるのであれば、是非そちらの方も訪ねられたらいかがでしょう?総司の声が聞こえてくるかもしれませんよ!?

投稿: ジェミニ | 2007/04/21 20:58

妃香里サン色々と休みを満喫されているみたいですね♪
温泉やこの記事より前の記事にもコメントしたかったのですが、初インフルエンザにかかって苦しんでいました(>△<)、、
妃香里サンおすすめの本ですかっ!!本屋さんに行って探してみますね☆

投稿: 天テン | 2007/04/21 22:23

妃香里さんお勧め本ゲットしてみました。
双葉社の単行本、久し振りのハードカバーにドキ×2です。
小説読むのは脳トレの「名作音読」以来でございます。(笑)
さあどのくらいで読めるかな?
追伸
今話題のあの場所・・・「六本木ヒルズ」かな?(笑)

投稿: 横浜の牡馬 | 2007/04/22 00:17

妃香里さんがおっしゃる通りすぐ読めました。(笑)
面白いお話でした。
妃香里さん美味な情報ありがとうございました。
短編集他のお話も読みたくなりました。

投稿: 横浜の牡馬 | 2007/04/22 21:13

「あやし うらめし あなかなし」、タイトルを見て声をあげました。以前読んだ本なので。
自分の読書記録を読み返して、思い出し確認していまが、もう一度読んでみようと思います。

投稿: 栗 | 2007/04/22 22:14

本読みました。何ページか読み進んでいくと、ぷっと軽く吹き出してしまいました。だっさい男の人に呼び止められたような…(笑)でも笑ってなんかいられなく、戦争について考えさせられほろっとしました。3000人のプロジェクトの一員として仕事に向き合う姿勢をかえたタイキくんは夫だったのか?…、…と妄想を膨らませ♪ながら、息子のためとっておこうこの言葉!自分にもと、はっとさせられました。年とった母の面倒をみて自分もみられる日がくるのか…、長い時間を行ったり来たりしてタイキくんだけでなく私も涙がでました。10日程前、美術館には入りませんでしたが、そこに行ってきました。妃香里さんがいらっしゃるともっと楽しいのでは?と想像しました。あの頃はこの場所でこう思ったな〜と思い出せるのは楽しいです。ババァなんて言われる頃にもまた行くことがあるのかなって考えると人生って短いようで、感謝しつつ大切にしなければと思いました。読めて良かったです。ありがとうございました。

投稿: よりこ | 2007/04/23 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 妃香里です。 | トップページ | 正解は… »