« 事務所のブログ | トップページ | 東京楽日 »

2008/03/17

妃香里です

妃香里です
舞台も中盤に差し掛かり、少し落ち着いて客席の空気を感じて押してみたり引いてみたり…毎日楽しんでます。
内容は難しいかもですが…私としては、無理に色々考えずにゆったり思ったままに捉えて観て欲しいな〜という気がします。感受性に正解も不正解もありませんもの…。
だから、れんらく帖も感じたままに、遠慮しないでじゃんじゃん皆さんの感想書いて下さいね〜。

最近、自力足裏マッサージにハマってます…不思議なくらい、疲労回復します。オイルはもちろんラベンダーの香り…ツボも完璧に暗記しちゃってます。ぷぷぷ。

|

« 事務所のブログ | トップページ | 東京楽日 »

コメント

妃香里さん公演中のお忙しい中カキコありがとうございます♪二日目舞台拝見してから、実はすごくはまりまして、後半が待てなく次行ける日をうかがっている状態です。水曜友達を誘いました!ただ妃香里さんが演じられたサロメの母について、浦井君のサロメに動揺してるうち(笑)聞き逃してしまったのかわからなかった事がくやしかったので、知っておく必要性を感じネットでサロメの本を注文し読みました。次回が楽しみです。でも何も知らない私でも、始まりのオスカーについての台詞で、彼がどんな人か教えてもらう型で劇に入り込みましたから、オスカーのかかわった人々、作品、史実のからみから彼にも興味がわき、オスカーの母、女優サラ、サロメの母の影響をおもしろく感じながら観れたのだと思いました。サラはとても魅力あり説得力のある人でした。人を買うという事の罪悪感に悩むオスカーには安らぎを与えているでしょうし、不遇な晩年にお金を無心した時に返した台詞には泣きました。同士のような感じなのかな〜とも思います。早くまたこの場面も観たいです。オスカーの母は自分の気持ち的にすんなりはいりました。女の子のかっこさせるのはどうかな〜と思います(笑)記憶が定かではないのですが、共感から笑える場面もあったようです。後半秘密がわかりぎょっとしたし、すごいお母さんです。まとまらないですが今の感想です。最初は衣裳や髪型や表情も観ながら、台詞を理解し内容を理解しようとしていたので、途中酸欠?で倒れそうになりました(笑)体調管理は大切です。今日は七時からですね。頑張ってください。

投稿: よりこ | 2008/03/17 14:18

久しぶりの書き込みです。実は私の夫がアレルギーと診断されて次に寒気が襲ってきて風邪をひいてしまい熱は下がらず食欲がなくなってしまい私は物凄く心配で楽しい事を書き込む元気がなくずっと看病していました。そして今日改めて病院に行ったらもう1つ薬が増えましてその薬を飲んだら熱が下がりました。舞台は観にいけませんが今年の妃香里さんのイベント楽しみにしています。

投稿: メグ | 2008/03/17 14:42

妃香里さん、やっと昨日観に行きましたっ!!
も~~~ぉ、久しぶりにかなりかなり好きな世界でメチャメチャツボってしまいましたぁ!!!確かに中身はこれでもかっていう程いろんな意味で濃くて、見どころだらけで、必死で観ていないと置いていかれるので終わった後は疲れきりましたけどっ(汗
でもとっても面白かったし、美しい妃香里さんがあまりにぴったり嵌っていてウットリし通しでしたよ★幕開きの雰囲気が凄く好きで、第一声が妃香里さんなのでずっとドキドキして観てました!
鳥かご?のようなセットや妃香里さんだけ何故か露出度の高い?衣裳も素敵でした★ネタバレなツボはそちらに書きます。とりあえず感じたままっ(笑
足裏マッサージはやってもらうと痛いので自力だと加減できていいですね!私もラベンダーで頭をリラックスさせて次回観劇に行かなきゃっです★

投稿: YUKARI | 2008/03/17 15:39

今日は、東京公演の中日でしょうか。お元気そうで何よりです^^。
次回観させていただく時には、妃香里さんに押されたり引っ張られたりしながら!?
もう少しリラックスして楽しませていただきたいと思います!ラベンダーの香りが一番
お好きなんですね~。足裏のツボも、客席のツボもバッチリ摑んで、残りの公演も
妃香里さんパワー全開で頑張って下さいね♪

投稿: ジェミニ | 2008/03/17 21:01

妃香里さん
「客席の空気」堪能されているのですね。
心地良き空気ですか?
「自力足裏マッサージ」と言うと「青竹踏み」かな?
「ラベンダーの香り」で時をかけないように気を付けて下さいませ!(古)

投稿: 横浜の牡馬 | 2008/03/18 12:36

初めてコメします。
ワイルドビューティー昨日観ました!過去と現在、人物の行動と心の中が混ざり合った、とても複雑なミュージカルでしたが、自分を見つめ直す意味でも勉強になったし面白かったです。こんなに観ていて頭をつかう高度なお芝居は初めて観ました。装置も照明も綺麗でキャストの皆さんも絵のように綺麗で本当に素敵でした。
妃香里さんはひたすら美しく妖しく男前で・・パンフに1人何役もあるけど共通の性格みたいなものがあるって書いてありましたが、妃香里さんは浦井さんを励ます、奮い立たせる、味方とか同志、母親的な役どころなのですね、きっと。そういう強くて少し怖いけど本当は暖かい感じが伝わってきて良かったです。千秋楽までお体に気をつけて頑張ってくださいね!

投稿: みゆき | 2008/03/19 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事務所のブログ | トップページ | 東京楽日 »