« 殿のにっきゅう | トップページ | 殿のにっきゅう »

2008/04/25

会報発送しました!

ぴかぴか組の皆さんには『WILDe BEAUTY』特集の会報春号、本日発送しました。今回の表紙の妃香里さんは、冬号の時のネズミ年なオフショットとは別人(笑)です。お楽しみに!

そして『WILDe BEAUTY』CD&DVDの申込〆切も本日となります。今回のみの予約限定販売ですので、ご希望の方はお忘れなきよう。

|

« 殿のにっきゅう | トップページ | 殿のにっきゅう »

コメント

STAFFさんの「大作」拝見するのが楽しみです。
一昨日会報を投函されたとの事、昨日いらっしゃるかとお待ちしていたのですが、ちょっと迷子になられたようです。
今日はお会い出来るかな?
ネズミチックな妃香里さんのNEW変身!
美しきネコさん?それともキリンさんかな?
更に妄想は膨らみます。

投稿: 横浜の牡馬 | 2008/04/27 00:14

会報届きました。
観られなかった「ワイルド・ビューティー」の全貌(?)が明らかになり、改めてDVDが来るのがとても楽しみになりました♪妃香里さんのお写真は表紙はもちろんの事、うっとりするほど美しくて、妃香里さんの声を想像しながらセリフを読んで、インタビューの出番を追って・・と熟読してます(笑)
スタッフさん、ありがとうございました。

投稿: さやママ | 2008/04/28 13:14

STAFFさん、渾身の会報春号ありがとうございます!素敵なお写真満載で、舞台の記憶を辿りながら、堪能させていただきました。吸血の決定的瞬間激写さすがですね(笑)見ているようで見ていなかった、衣裳の後ろ側・・本当に素敵でびっくりしました。
妃香里さんがとるポーズは、どの瞬間もカッコよくて惚れぼれします。涙と笑いのインタビューでは、妃香里さんの「お母さん」としての心情がリアルに伝わってきて・・役柄や
セリフの繋がりに改めて感動しました。本当の親子ほどの年の差はなくても、その作品の中で形成される親子としての感情に、年齢は関係ないんですね。
セラミュでの、ルフェイとヴァンピールの愛と憎しみの親子関係ををふっと思い出したりして・・妃香里さんが、「お母さん」の目線で追い続けたオスカーの明と暗を思い起こして切なくなりました。セリフの一つ一つに込められた、たくさんの想いを感じながら、DVDで再び『WILDe BEAUTY』な妃香里さんに出逢える日を楽しみにしています^^。
妃香里さんの代わりに、どっぷりと舞台の後遺症に浸らせていただきたいと思います♪

投稿: ジェミニ | 2008/04/28 21:28

会報の表紙のお写真、昔のハリウッド映画の女優さんの様で本当に素敵でしたね。お稽古の様子や舞台裏の次から次への忙しさには大変驚きました。妃香里さんの演じている時の心情もよく分かり、母としても考えさせられたり、、、スタッフの皆様、盛り沢山の会報お疲れ様でした。

投稿: あかね | 2008/04/29 07:45

STAFFさん
大作ありがとうございました。
表紙は「ビュ~ティ妃香里さん」ですね。
薄れかけた記憶が蘇ります。
「サラ嬢」を初め妃香里さんが演じられた「ママーズ」がこの物語を誘っていたのですね。
舞台裏話も堪能させて頂きました。
出演シーンの詳細説明に記憶を当てはめてみたのですが、見付からないパーツがいくつか有ります。(汗)
やはりDVDで復習が必要ですわ。
追伸
夢魔のような妃香里さん達は「コロス」さんとおっしゃるのですね。

投稿: 横浜の牡馬 | 2008/04/29 23:50

遅くなりましたが、美しすぎる妃香里さんの会報ありがとうございましたっ!
インタビューを読んでやっとわかった事もあり(汗、改めて感動をかみ締めました★
ほんとにDVDが楽しみすぎですっ!!

投稿: YUKARI | 2008/05/02 10:06

会報を頂いてから大分たってしまいましたが、とても楽しく何度も読まさせて頂きました。素敵な写真も満載で嬉しかったです♪どうもありがとうございました。舞台が終わりしばらく経ちましたが、思い出してみると、綺麗な舞台だったな〜とかお洒落だったな〜とか思います。綺麗な部分は、コロス役の妃香里さんの登場と動きとがすごく視覚に訴えてきてそう思いました。それは蝶々さんでも妃香里さんの妖艶な着物姿でした。同時に、重ねた着物やコロス役の間が空いた衣裳が綺麗だったという記憶を司る要素であったりするのだと思いました。そして音楽、照明もですね!偶然なのか計算されたものなのかわかりませんが、美しいものが好きなオスカーワイルドの世界にみごとにはまってしまいました。会報での、最後に会った時のサラの言葉が文学でイギリスを打ち負かすと言った母の言葉から繋がっていて、演じられた妃香里さんの気持ちもそうであった事がわかり、より深みが増しました。ラブシーンのところとかも複雑な気持ちの流れが、あの何とも言えない美しさや優しさに感じたのかなーと思いました。この舞台は、かなり語り合いたくなる舞台で、友達とも何度か観ましたが、まだひとつ知りたいことがあります。妃香里さんと同じ年の♪荻田先生にお聞きしたい感じです。すごく楽しかったです。

投稿: よりこ | 2008/05/09 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 殿のにっきゅう | トップページ | 殿のにっきゅう »