« 看板2 | トップページ | 『傾く首』トークショー決定! »

2008/09/29

芸術…

今度は映画「アキレスと亀」観てきました。
画家のお話だったので…モディリアーニのヒントが有るかなと…。有ったか無かったかは…ま、置いといて。
つくづく思ったのは、芸術家って本当に勝手。本当に凄いのは、その才能を信じて、ダイヤモンドになるかも判らない石ころの傍らに寄り添う人なのではないかしら…。

|

« 看板2 | トップページ | 『傾く首』トークショー決定! »

コメント

北野武監督の映画ですねmovie新聞に紹介記事が載っていて、面白そうだなと思ってました。樋口可南子さんは大好きな女優さんなので、きっと石ころに寄り添ってる(だろう)可南子さんを観に行かなきゃと思いましたhappy02
妃香里さんはよく映画館に行かれるのですね‥私は最近足が遠のいてしまって、ついDVD頼りです。反省sign03

投稿: M | 2008/09/29 16:22

妃香里さん
「芸術家さん」は傍らに寄り添う人達のお陰で更に輝く事が出来るのですね。
今回の妃香里さんは「石ころ」な方達を「ダイヤモンド」のように磨き上げる「錬金術師」役なのかな?
妃香里さん
すっかり「秋寒」でございます。
お体に気を付けてお稽古に励んで下さいませ!

投稿: 横浜の牡馬 | 2008/09/30 07:42

天才と狂人は紙一重って言いますね。^。^
私の周りのアーティストは皆ある程度狂っていますし(笑)
そういう狂った天才の題目の映画は結構ありますね。一般的な人はその天才の心の奥まで見極められないというお互いの悲しみが良くテーマになりますね。
画家といえば「Camille Claudel (カミーユ・クローデル)」はロダンの恋人で自分もアーティストでロダンが彼女の才能に嫉妬すると言う話でかなり面白いです。(ロダーーーン!!って叫んでいるシーンはぞくっとします・・・)
「Basquiat (バスキア)」は才能が認められたのに麻薬で早く亡くなりました。
あと、ミュージシャンの話も多いですね。
「アマデウス」はこのテーマの中では本当にうまく出来ていると思います。私のトップ5の映画に入ります。
そしてゲイリー・オールドマンが出演した「Immortal Beloved (不滅の恋ベートーヴェン)」も不思議で奥深い映画です。
上は日本にもある・・・はず?とにかく、お勧めです。^。^

投稿: Rose | 2008/09/30 12:14

側に寄り添ってくれる人たちがいるからこそ、芸術家さんたちは安心して作品づくりに集中出来るのですね。
芸術の秋と言われますが、涼しくなり感性が冴えてきた芸術家さんたちは、今頃作品づくりに忙しいのでしょうか…側に居る人もお世話に大忙しかもしれないですね。

投稿: 南 | 2008/10/03 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 看板2 | トップページ | 『傾く首』トークショー決定! »