« ライブDM発送しました | トップページ | CHaTちょっと通信1 »

2009/02/02

猫を抱いて象と泳ぐ

猫を抱いて象と泳ぐ
小川洋子さんの新刊がやっとやっと出た!もちろん発売日に買いました。忘れもしないスーパーモンキー解散を告げられた日なんだけど(ToT)…それはおいといて…。
小川さんの本は全部読んだと思う。図書館のを片っ端から借りて、本屋さんでまだ読んでないのを見つけたら即買い…。どれも好きだけど、今回のもかなりヒット。チェスやりたくなります…ドキドキして痛いんだけど何だか心地良いんです。
いつか小川洋子さんの原作がお芝居になったら、その世界で息をしてみたいと夢見ている私でした…。

|

« ライブDM発送しました | トップページ | CHaTちょっと通信1 »

コメント

一年365日・・それぞれの人に、それぞれの想いがあることでしょう。嬉しいと悲しいが一度に訪れることも。胸に秘める想いはもちろんありますが・・誰かに聞いてもらったり、
大声で「コンチクショウ~!」と叫んでみたり。自分の中から、負の想いを追い出す作業を試みるのは、愚痴ではなくて心の健康を保つための人間の浄化本能?だと勝手に思っています^^。ちなみに、私は車の中で叫ぶ常習犯です(苦笑)
小川洋子さんの本は、「薬指の標本」を読み、映画のDVDも観させていただきました。
原作は日本、映画はフランス。微妙にニュアンスは違うのですが、ゆっくりとその「痛さ」が体に沁みわたってくる不思議な感覚でした。妃香里さんが、その世界で息をする時の事を想うとゾクゾクします。その日のために、夢の原作をいっぱい食べて、蓄えておいて下さいね♪

投稿: | 2009/02/02 11:22

名無しも常習犯でした^^;↑

投稿: ジェミニ | 2009/02/02 11:24

素敵なタイトルですよね
先日TVの書籍紹介コーナーで「まだ早いけれど今年一番と思える本にもう出会ってしまった」と紹介されていて 興味をひかれていた所でした
読んでみたいと思います
そしてその番組には阿部力さんが出演されていて 本当だったらSUPER MONKEYの番宣だったのだろうなとちょっと切なくなりました
通りすがり失礼しました

投稿: ねね | 2009/02/02 13:31

妃香里さん、またステキな本の紹介ありがとうございました★さっそく読んでみたいですっ!小川洋子さんのお芝居、実現するといいですねっ!

投稿: YUKARI | 2009/02/03 15:28

妃香里さん
「猫を抱いて象と泳ぐ」ちょっと想像してみた。
『水を嫌がる猫さんを「小脇」に抱え、象さんと一緒に「ガンジス川」にザップン!
ちょっと流れが速いから、象さんの「尻尾」につかまって泳いじゃおう!』
なんて話しじゃないですよね。(笑)
舞台化の際には是非演じちゃって下さいませ!

投稿: 横浜の牡馬 | 2009/02/04 20:31

昨日の新聞に小川洋子さんの取材がのっていました
「自分が一生かかっても書ききれない物語が世界には既にある」こと
「ものを作る喜びは発見する喜び」ということに気づいて以来「外から来るものを待つ」気持ちの余裕が生まれたそうです
ライブ申込みしました とても楽しみです

投稿: ねね | 2009/02/05 10:13

小川洋子さんの新刊が出たんですね(*^-^*)
まだ読んでいませんが、楽しみです。ありがとうございます。

投稿: 南 | 2009/02/06 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ライブDM発送しました | トップページ | CHaTちょっと通信1 »