« 会報発送しました | トップページ | 明日から »

2009/03/26

例にもれずWBC…

普段野球みないのに…朝から部屋の模様替えしようと思ってたのに…TVの前から離れられなかった〜。CMの合間にお洗濯やらごはんやらちょこちょこ動いたけど、野球終わって気づいたらもう夕刻。1日潰した…。
しかし、侍ジャパンすごかった。面白かった。泣けた。でも、泣ける程のメイクドラマがあるのは強い相手がいてくれるから…まず相手に感謝。宮本武蔵の「五輪書」にそんな様な事、書いてなかったかしら…自己犠牲も確かにサムライっぽいし日本人っぽいけど…。
それはさておき…スポーツのメイクドラマって筋書きなしで瞬間的、刹那的にギリギリ頑張る人間達がその場で生み出すから面白い。わざとじゃないから素直に泣けるんだよね…役者の場合、わざとらしくなくても筋書きはあるから元々わざとなのであって…それが何回でも出来るのが役者の価値でもあるんだけど。本番の為に練習したりトレーニングしたりして、毎日自分と闘う所は一緒だったりするんだけどな。
私たち役者と似ている様で全く種類が違うから比べる対象じゃないかも知れないけど…観ている人の心をそんな風に揺り動かすスポーツ選手に、役者としての私はちょっぴり嫉妬しているのでした…。

|

« 会報発送しました | トップページ | 明日から »

コメント

( ̄▽ ̄)
両方です。異例の才能には信じられないほどの声とは信じられないほどの女優で歌手。あなたは最高の 小野 妃香里 です

投稿: Canan | 2009/03/27 05:56

妃香里さん
この日は会社でもテレビで「WBC中継」を流していました。(笑)
9回、同点に追い付かれた時点で「このままサヨナラ負けか〜!」と諦めモード。
10回、この日打撃好調なイチロー選手が「敬遠」されていたらまた違った展開になっていたでしょうね。
ワクワクしながら楽しまさせて頂きました。
舞台とはちょっと違ったタイプの感動ですね。
妃香里さん
又「感動」を頂きに舞台へ伺いますね。

投稿: 横浜の牡馬 | 2009/03/27 08:39

流石はレッド隊長!宮本武蔵の「五輪書」まで守備範囲なのですね!?
思わずネットで検索・・「風之巻Ⅰ」に、ややそれらしき注釈を見つけましたが・・
定かではありません^^;。
それはさておき(笑)・・・スポーツのメイクドラマは、確かに瞬間的、刹那的で、
俄かファンの心まで弾きつける魅力がありますね。
でも・・観ている人の心、それも期待に胸を膨らませて劇場に足を運ぶ人の心を、
公演中毎日毎回揺り動かす役者さんの、持続的かつ、瞬間的、刹那的エネルギーは
もっと凄いのかもしれません。本番に備えてストイックに自分を追い込み、
それでも自分に負けない強さ・・いつも妃香里さんから感じています^^。
スポーツ選手までライバル!?に見立ててしまう、妃香里さんの役者魂には頭が下がります。しばらくは、[CHaT5.7]のシンガー「ひー」としてご活躍の日々が続いていらっしゃいますが・・・役者「小野妃香里」復活の日も、本当に楽しみにお待ちしています♪

投稿: ジェミニ | 2009/03/27 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 会報発送しました | トップページ | 明日から »