« 実のところ | トップページ | 30万HITS! »

2009/07/06

『COCO』初日

『COCO』初日
ブロードウェイミュージカル『COCO』本日無事、満場のスタンディングオベーションで初日を迎えました!妃香里さんの久しぶりのミュージカルは、華やかなファッションと音楽に彩られ、人生や女性の生き方についても考えさせられる素敵な作品です。
妃香里さん、たくさん出てきますよ~(特に一幕はかつら5つです!)お楽しみに♪
そしてネタバレな感想はこちらにお願いします(笑)

写真は初日開演前の妃香里さん。終演後の妃香里さんは事務所ブログへ↓
http://mayuta.cocolog-nifty.com/mayutanotawagoto/2009/07/post-3eb3.html

|

« 実のところ | トップページ | 30万HITS! »

コメント

「COCO」初日無事開幕おめでとうございます!開演前も終演後も、妃香里さんとっても楽しそうでいい笑顔ですねp(^^)q 一幕でカツラ5つですか!?パリジェンヌな妃香里さん、お綺麗でしょうね〜^^(ジャージ姿でも十分お綺麗ですが・笑)初観劇まであと三日…本当に楽しみです。早々とお写真のアップありがとうございました。妃香里さん、スタッフさん、地方公演も含め長丁場ですが、頑張って下さいね♪

投稿: ジェミニ | 2009/07/07 12:44

「COCO」初日おめでとうございます!!どんな舞台で、妃香里さんの演じていらっしゃる人物はどんな人なのか早く拝見したいですlovelyとても楽しみです。昨日は今頃舞台始まっている時間と思いましたが、透視能力ないし^^、観に行ける日まで我慢です。
二つのお写真アップがとてもうれしいです♪
とんちゃんはおとなしくお留守番かな?
地方公演もある作品なので、大変そうで楽しそうで、なぜか日傘をさして地方の町を散策なさっている妃香里さんを想像しますが、まずは東京の舞台、始まったばかりですが、頑張ってください!!

投稿: よりこ | 2009/07/07 12:45

素晴らしい初日でしたね!
自然に立ち上がって惜しみない拍手を送りたくなった舞台は久しぶりでした
小野さんの秘書ドゥガトン、かなりチャーミングでつい目で追ってしまいました
プロポーションも完璧で目を引きました!
また何回か楽しみに観に行きますので頑張ってくださいませ

投稿: masami | 2009/07/07 12:58

妃香里さん
『COCO』開幕おめでとうございます。
STAFFさん
『COCO』情報ありがとうございます。
初日から「スタンディング」ですか?
「素晴らしき舞台」を拝見するのが楽しみです。
華麗な「妃香里さん探し」も楽しめそうですね。
追伸
最近めちゃ寂しくなった私に是非「かつら」を一つ分けて下さいませ!(願)

投稿: 横浜の牡馬 | 2009/07/08 20:51

観てきました。とても、感動しました。シャネルなんて一生身につけることのない、縁のない世界だと思っていましたが、ココの人となりに圧倒されて色々考えさせられて・・・・シャネルをすごく身近に感じてしまい、最後涙が止まりませんでした。
その最後の場面、妃香里さんの耳に心地よいトーンの一言、素敵でした。もちろんモデルさんもピカピカに綺麗でしたけど、秘書ドゥガドンは誰にも見えないくらい目立たない人なのに(笑)存在感があって可愛かったです。
本当に観て良かったし、時間が許せばもう一度観たいです。鳳蘭さん、妃香里さんが太陽だって言っていましたけれど、本当にすごい存在感、ココそのものでした。ファンになりました(笑)妃香里さんもあんなに大きい方のそばに毎日いて、きっと色々勉強になるでしょうね。お身体気をつけて、衣装の着替えも大変でしょうからお怪我のないように、一日一日素敵な舞台をつとめられますように。

投稿: あかね | 2009/07/09 11:56

多分、ネタばれ満載?の書き込みになると思われますので、ご注意いただければ幸いですo(_ _)o。また、記憶違いも多々あるかと思いますが、ご容赦くださいませ。

昨日観させていただきました!まず目に入ってきたのは、舞台のセット・・というか
背景? 一番奥には黒いレース地。そして可動式の幕のように、シャネルのバッグをイメージした黒いキルティング地に金のチェーン。同じく幕のようにシャネルのスーツをイメージしたチェックのツイードの生地にボタン。劇中で、白いカメリアの模様に変わったり・・シャネルを象徴する素材が、舞台の流れに沿って、静かに揺れ動いていました。
最初にピアノの単音が響き、次に和音、そして旋律へと生演奏が始まり、音の波が広がっていきました。

ここからは、順不同で、思いついたまま感想を書かせていただきます^^。一幕でカツラ5つ!の妃香里さんは、初日のお写真にあったカツラを皮切りに、ヴィクトリア調の盛りヘアー(笑)に金髪のアップヘアー、地毛に近いショートヘアーと次々に変身!もちろん衣装もアイスブルーのワンピース(スーツ?)にコルセットで締め上げたドレス、シックな薔薇色のドレスやかっこいいシンプルなスラックス姿。ちょっとセクシーでドキッとする仮縫い用のマネキンスタイル!?黒のリトル・ブラック・ドレスへと七変化の大忙しです。
モデルを演じていらっしゃる時には、楽しいおしゃべりやコーラスもあり、啖呵を切って、シャネルのオーディションを飛び出していく勇姿?も観られます^^。
でも何よりポージングの時には、妃香里さんは群を抜いて美しく゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
長い手足や背中のラインのしなやかさはため息が出るほど素敵でした~!
その合間合間に、秘書ドゥガトンの滋味~なスーツにロングヘアーを一つに束ね、黒ぶち眼鏡に手には常に筆記用具!というスタイルがスス~っと音もなく加わり立ち去る感じが新鮮でした。「ココの一挙手一投足、見逃さないように!」の気合いを見事に内に封じ込め、ココが時々話しかけてくれる時だけ舞台上に見えている・・ぐらい存在感を消しての熱演!?名前を呼べば、必ずそこに居る。ドゥガトンは、黙々とココの要求に応えつつ、自己主張はせずにきっちり仕事をこなしていく。ココが哀しい時も辛い時も必要とされる分だけ傍にいて、すっと身を引く。ココもまた、そんなドゥガトンを一番理解し信用している感じがそこここで伝わってきました。
ただ、復帰を懸けたコレクションが大失敗に終わり、絶望の淵に居たココが、ニューヨークからのバイヤー達に賞賛され復活・・・
飲めや歌えの大騒ぎになった時にプチ変身!黒のパンプスがタップシューズのように
軽快にリズムを刻み、それに乗ってココがラップ風な歌を披露!?表情も明るい笑顔!でも一緒に大騒ぎするわけではなく、バイヤー達にグラスを配り、お酒を注いできっちりお仕事もこなしつつ・・のドゥガトン的スタイルを崩さない感じが素敵でした。

妃香里さんが仰る様に、太陽みたいな存在の鳳蘭さんに命を吹き込まれたココ・シャネルは、舞台の上で生身の人間として存在し、自らの人生を歌い、演じ、悔いはない!と言い切る強さ。そして、最後にほんの少しだけ見せた弱さ。それに応える秘書ドゥガトンの、日常的でちょっとだけ優しいニュアンスの一言が、重くなりかけた空気をすぅ~っと
押し上げてくれて幕が下りる・・・たまらなく心地よい瞬間でした!

以前妃香里さんが教えて下さったココ・シャネルの言葉の続き・・

20歳の顔は、自然の贈り物。
50歳の顔は、あなたの功績。

女は40を過ぎてはじめておもしろくなる。

自分に置き換えてみて、うなずいてみたり首をひねってみたり(苦笑)。
妃香里さんのこれからが、ますます楽しみになりました。
また劇場に足を運ばせていただきます♪


投稿: ジェミニ | 2009/07/11 12:04

↑滋味×→地味○ 滋味も捨てがたいですが・・ドゥガトンのスーツは、
やっぱり地味の方ですね^^;。失礼いたしました!
カーテンコールの時には、明るい色のシャネルスーツで登場されて素敵でした^^。

投稿: ジェミニ | 2009/07/11 18:21

私が今まで見たミュージカルで三本の指に入る位
面白くて感動的で最高の舞台でした
脚本も訳も演出も曲も素晴らしかった
あの終わり方 大好きです
妃香里さんの押さえた声がずっと耳に残りました
素敵な時間を過ごさせていただいてありがとうございました
後半戦も頑張ってくださいね

投稿: ねね | 2009/07/12 13:59

『COCO』想像していたよりもかなり楽しくて一杯笑って泣きました!!!モデルの時の妃香里さんの輝くような笑顔!!!ポーズも歩き方も本当に綺麗でうっとり(≧∇≦)舞台装置もお洒落で衣裳も素敵で‥キャストの皆さんも素晴らしくて熱演で大満足!!!!!私が観た回も最後スタンディングになって胸が熱くなって余計に感動しました‥やっぱり生の舞台って感動が共有できていいですねっ!!
そして妃香里さんのドゥガトン!!!このお話の幕が降りた後もずっとCOCOが死ぬまで傍にいて黙々と働いていくんだな~っと納得させられる人でした‥こういう信頼できる人達(ルイスやピグノルも)と一緒に死ぬまで「ココ・シャネル」として生きて仕事を続けたCOCOは孤独だったかもしれないけれど幸せだったんじゃないかと思いたいです!!!!!

投稿: M | 2009/07/14 15:57

舞台拝見しました。
時代を風靡した「ココさん」の復活?
公募されたデルモさんの中で際立つ妃香里さん!
ココさんの独自のやり方に納得いかずに暴言をはいて立ち去るデルモ妃香里さん!
ファッションショー風に「ココ」の活躍した時代を回想!
艶やかに変身する妃香里さん!
そして忍のように気配を消すドゥガトン妃香里さん!
流石「元忍者さん」。(笑)
清楚な秘書妃香里さんの微笑みが可愛かったです。

投稿: 横浜の牡馬 | 2009/07/14 20:45

やっと『COCO』を観ることができて感激です☆
ココ・シャネルの思いや感情をビシバシと、台風の風のように体に感じる舞台でした。
鳳蘭さんのココは、ステージまで数メートルあるはずなのに、目の前にいる存在感。惹きつけられたってまさにこのことかと思いました。
妃香里さんが演じたデルモさんが啖呵を切ったシーンは、ココ・シャネルのこだわりといわゆる「今的な世間」とのズレを印象付け、シャネルの復活の難しさを予感させるインパクトあるシーンでした。「日時計見て暮らしてんじゃないわよっ」でしたっけ? 妃香里さんのイキのいい「イマドキのモデル」ぶりにブラボー☆
その後のココさんが「日時計うんぬん…」をブツクサ言うその後方にて、楚々と立ってた秘書姿にブラボー☆(^▽^)☆ かなりツボりました。
ラストシーンもやられました。娘同然に期待と愛情をかけたノエルがジョルジュとの結婚を決め、ココが怒りのような激しい喪失感を表出させた後、やがてドゥガトンに手紙を書かせて祝意を見せる時、「あんた、何か言うことないの?」とココに促されてのラストのセリフも、コツコツと勤めている秘書さんならではの一言で、当たり前にポソッと言う感じで、会場の皆さんと一緒に笑っちゃいました(^^)ブラボー☆
妃香里さん☆☆☆とっても素敵でした。待ってましたっ!ていう感じです。
めくるめく衣装チェンジ、とっても忙しかったことでしょう。どの姿も動きも美しくって、自分の目がカメラだったらっ!と、思いましたよ~(>o<)

衣装、場面転換、舞台美術、照明、演奏、カーテンコール…すべて、すべてが素敵でした。舞台を観てから皆さんの書き込みも見て、あらためて舞台を思い出し、素敵さをかみしめています。
ブランド名だけしか知りませんでしたが、ココ・シャネルが、女性が活動的に社会に飛び出していく時代へ――、自らのセンスと行動で社会の発展に関わった人だったということがわかりました。
そして、老若男女みんな社会を作る人なんだなー、自分もその一人か…と、ハッと元気をいただきました。ぜひDVDにしていただきたいですね~。
東京公演はいよいよ明日でラストですね(><)もう1回見たかった~。
妃香里さん、お疲れ様です。暑い日が続きますが体に気をつけて輝いてください☆もう眩しすぎですけど(*▽*)

投稿: 星の | 2009/07/19 18:50

2回目観させていただきました♪舞台としてもファン目線でも楽しい
舞台で、1回目はいつものように妃香里さんをドキドキしながら見、全体を観、2回目にしてどんな衣装だったかなどもよーく観させていただきました!1回目から終わり方が好きで、「もう帰ってもよろしいでしょうか?」と発する言葉のトーンが好きでした。それは2回目観た時も変わりなく、秘書ドゥガトンの人物像が浮かび上がりいろいろなことを想像させました。激しい感情を押し付けてくるココの、忙しい仕事をこなしていける秘書は、常に自分を出さずココの一挙一動を見守って行動する有能な秘書ですが、その秘書もNYCのバイヤーに認められた時には軽やかにステップ踏む様子で感情を表していて、観ていてとても楽しいです。
思えば、蝶々さんの着物姿といい台詞でなく姿からも想像させる魅力のある役を演じられている妃香里さんもとてもインパクトがあって素敵です。デルモ役では抜群のスタイル、健康的で均整の取れた姿を見せて頂き目の保養です♪今日は楽ですね!楽しみにしています♪♪頑張ってください!暑い中地方公演もありますね!大変だと思いますが頑張ってください!

投稿: よりこ | 2009/07/20 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実のところ | トップページ | 30万HITS! »