« 美女とすっぽん | トップページ | 大阪城 »

2010/06/06

東京楽

東京楽
東京楽
無事…終わりました。赤坂といえばオイスター!というわけで、食べちゃいました。ごほうびごほうび〜。

|

« 美女とすっぽん | トップページ | 大阪城 »

コメント

こんばんは(^O^)
お疲れ様ですぅ!
おっ!おっ!お~っ!
私のメチャメチャ大好物のカキだぁ~っ(≧∇≦)
写真を見たぐらいで食べたくなりました(笑)

投稿: MARI | 2010/06/06 23:38

妃香里さん、いいお顔! 美味しいご褒美、いいですね~♪
舞台『おくりびと』東京公演お疲れ様でした☆
今日は2度目の観劇! 感想綴ります(>ω<) ※ネタバレ含みます
舞台冒頭のたくさんの役者さんによる動きは、川の流れのような時の流れを感じ、岩にはねる水しぶきのような人生の終末の切なさを感じました。
清涼感溢れる妃香里さんの動きに、やはりグッと物語に誘われるのです。
待望の美女登場のシーンは客室乗務員の誇りに満ちた真剣さと庄内弁がたまりません(*^^*)
苦い空気を残して去る彼女、そして、数多い場面転換で、あらゆる物を運ぶ姿…妃香里さんは、久石譲さんの音楽同様、舞台を次へ進める運び屋さんですね! 本当に目がはなせない舞台です。
NKエージェント社長(柄本明さん)のしゃべりや、走って逃げる姿もツボでした♪
書ききれませんが、どの役も印象的で、皆さん素敵です。
小山薫堂さんの物語と、G2さんの演出が一人ひとりを浮き彫りにしているのかな。しみじみ、暖かさを感じました。
妃香里さん、大阪、愛知公演もお元気でご活躍を☆
暗い中での場面転換は気ぃ付けでの~!

投稿: 星の | 2010/06/07 01:44

東京公演お疲れ様でした!!!好きな物たくさん食べて、大阪名古屋も頑張ってきてくださいませ!!!!!

投稿: M | 2010/06/07 08:45

妃香里さん、東京公演お疲れさまでした!
大好物の生牡蠣を前に、舞台同様きらっきらしていらっしゃいますね^^。
※以下ネタバレご注意願いますm(_ _)m。

G2さんが「歌のない音楽劇」と称された今回の舞台は、手の動きから表情に至るまで、本当に繊細に振付けがされていて・・
そのどれ一つとっても妃香里さんに目はくぎ付け。
静かに奏でられていた弦楽が、照明と共にふわっと軽快な調べに変わった瞬間から、すべてが動き始めるドキドキ感がたまりませんでした。
アンサンブルの最後の一人として登場される妃香里さんですが、その存在感は別格。
一幕二幕通して、随所に施されたステージングで、
上半身だけの限られた表現にも関わらず、そのしなやかな手の動きからは
風がそよぎ、光が降り注ぎ・・
そして、無情にも流れていく時の番人であるかのように、
物語を核心へと誘う鋭い動きに至るまで。
ステージングをピリッと引き締めるスパイスのような役どころは、
客席まで小気味よく届く、眩い輝きを放っていらっしゃいました。

美女・秋下麻衣さん役でも、抜群のプロポーション、ウォーキングや立ち姿の美しさ。
穏やかな庄内弁での可憐な語り口から、激変する瞬間・・
罵声こそ飛び出さないものの、主役を上から見下す勇気ある目力に拍手!
男性二人を威嚇しつつ立ち去る時の間の取り方が、
前回拝見した時よりも、よりリアルに細かく刻まれていたように感じました。
ドアを出ていく瞬間まで、その脚線美からも目が離せませんでした~^^。

ちっちゃな哲士君に、おっきなチェロケースを背負わせる
妃香里さんの罪悪感を思いやりつつ・・
動くセットに逆走しながら、ムーンウォークばりの鮮やかさで
ホワイトボードを掛ける(撤収する?)お姿にすごくツボったり^^。

感想はあとからあとから押し寄せてきて、とても書ききれないのですが・・
社長役の柄本明さんの「車エビの天ぷら」の行から、
自分にも「小エビの天ぷら」ほどの辛いことはあるかも・・と、
心の中でジューっと音を立てている小エビを想い、
「あ~自分は小エビぢゃなくてよかったな・・。」
なんて考えながら、お清め塩をぱぁ~っと振りかけて、
小エビをパクリ。と食べている様子を思い浮かべてみました^^。

いっぱい笑っていっぱい泣いて、観る前とは違った何か・・
仄かなあたたかさや心強さを胸に、劇場を後にしました。

妃香里さん、こんなに素敵な舞台「おくりびと」第2章への世界へ
誘って下さって、本当にありがとうございます。
最初は、お芝居だけの舞台・・という先入観から、妃香里さんが
どんな風に息づいていらっしゃるのか少し不安があったのですが、
そのモヤモヤは、幕が開いた瞬間から吹き飛んで行きました。
大阪、名古屋とまだまだ美女ぶりをキープしつつ・・
果たしてその狭間に愛しい○○○様に逢いに行けるのか!?
も気になりつつ(笑)
大楽まで、お怪我のないよう、体調を崩されませんよう気をつけて(祈)
関東の空から、熱いエールを飛ばして応援しています。頑張ってくださいね♪

投稿: ジェミニ | 2010/06/07 10:16

妃香里さん、東京公演お疲れ様でした(*^_^*)

ごほうびの牡蠣を召し上がる妃香里さんの表情がきらきらしていてとても素敵です(*^_^*)


※以下ネタバレ少しあります


「おくりびと」とても深いテーマにたくさん想う気持ちがありました

冒頭、とても静かに流れる演奏に、物語の世界へと引き込まれていきました


黒の衣裳で登場した妃香里さんが、すうっと動かした腕から静かに想いが伝わり…何かが始まっていくような感覚があり…


花、椅子、いろんな物を持って歩くシーンが何度もありましたが、その都度、そのシーンからその時どきの感情のような…悲しみや切なさや時の流れのような想いを感じ胸にしみ込みました

秋下麻衣さん、綺麗でかっこ良かったです(*^_^*)
謙虚で柔らかい印象の登場から一変、瞬時に判断し、二人をキリッと睨んで?立ち去るお姿がとても美しくて素敵でした♪

なんだか書ききれないくらいの想いでいっぱいです

まだまだ寒暖の差があるのでこの先の公演もお体に気を付けて行って来て下さいね(*^_^*)
関東からエール送らせていただきます!

投稿: みんみん | 2010/06/07 12:29

東京公演お疲れ様でした!
すごく良いお顔をされているので
見ていて笑顔になってしまいました(笑)

いつものように皆様の感想を読んで
舞台の様子を想像しています。

おいしいもの食べて
大阪・名古屋公演も頑張ってください!

少し遠くから応援しています♪

投稿: CHI | 2010/06/07 18:43

東京公演お疲れ様でした(ノ∀`)☆
牡蠣…すごくおいしそうです!!

映画「おくりびと」をきちんと観れていなかったので
この前DVDレンタルしてきて、勉強しました!

みなさんの感想コメントもすごく気になっているのですが…
それは観劇後まで我慢します><

地方公演も頑張って下さい(*^.^*)

投稿: 流風 | 2010/06/07 20:00

妃香里さん 東京千秋楽お疲れさまでした!


多い日には2回も重いテーマに向き合ってらっしゃるので、次の公演まで目一杯自分を甘やかしてあげて下さい。


暑さも体力を奪ってしまうのでしっかり食べて次の公演に備えて下さいね。

投稿: 南 | 2010/06/08 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美女とすっぽん | トップページ | 大阪城 »