« びつくり! | トップページ | 残暑お見舞い申し上げつつ… »

2010/09/02

『ライパス』後半戦

『ライフパスファインダー2010』も休演日をはさんで後半戦に突入しました。初日のところに書いていただいていたネタバレな感想もだいぶ重くなってきましたので(笑)後半の感想はこちらにお願いします。まだご覧になっていない方はご注意くださいね!

ライパスブログも日々更新中です。
http://lifepathfinder.sblo.jp/

|

« びつくり! | トップページ | 残暑お見舞い申し上げつつ… »

コメント

行って来ました、ライパスairplane
ネタバレは極力読まないようにしていたのですが、少々のぞいたところで妃香里さん=母であるという認識だけは持って臨みました。
でもやはりテンポが速くて付いていけず・・sweat01
これは宇宙の話?未来の話?心の中の話?とワラワラして、観終わった後は私の中では細胞の話だったということで落ち着きました(笑)なんとなくミクロの決死隊(古いsign02)みたいなイメージで・・。
そんな中、妃香里さんの場面は他と色が違うせいか際立ってましたね~。ご飯を食べるところで「ああflair」と次元が違う事がわかりました。歌は文句ナシに最高・・妃香里さん独特の高音が響き渡って至福のヒトトキでしたheart02ライパスのブログにギタリストさんが書いて下さってますが、本当に母のような、あたたかさと哀しさの絶妙に混じった「数え歌」でした。これが聴けただけで吉祥寺まで行った甲斐がありました。ありがとうございました。楽まで頑張ってくださいshine

投稿: 里紗 | 2010/09/02 10:51

昨日、二回目の搭乗果たして来ました…ヴィーナス席でshine
クルーの方々から丁重なご案内を受けて、
ゆったりとしたソファー席に身体を沈めました。
何だか落ち着かない(^_^;)舞台が良く見渡せるという事は、舞台からも丸見え!?
思わず姿勢を正したりしながら、集中集中!と、
変な気合いを入れて臨みました(笑)
以下*ネタバレを含みます(^^ゞ

テーマ曲の振り写しがあったりして、少しずつ緊張も解れて…
大音響のモーションロックオベラ堪能しました。
妃香里さんの数え唄…
「生」と「死」の2バージョン。
どちらも子守唄のように優しく、それでいて力強く、
我が子に言い聞かせるように歌いかけます。
いつしか客席全体をも包み込むような妃香里さんの歌声に、
ぴくりともせずに聞き入ってしまう至福の時間でした。
もう一つ、ぷぷ?というマリアの子供が歌うバージョンがありますが、
その時、タロウに寄り添っていたマリアが徐に立ち上がり…
ほんの一瞬ですが、祈りのような舞いを見せて下さいました。
前回見逃していたの?と思うほど、
鳥肌が立つような感覚を覚える程の瞬間でした。
また一方では、子供の先導者になるべきか守護神になるべきか?
という随分な(笑)選択に悩みながらのコミカルなシーンでは、
持ち前のコメディエンヌぶりを見事に発揮!
また、マリアの役を離れてクルーとしてロックな歌を大熱唱♪
手すりに噛みつき拳を挙げて
シャウトしていらっしゃるお姿が超カッコ良かったです(^-^)v
ラストシーンは、タロウが自ら「始まりの扉」を手に
月が満ちたマリアやクルー達に見守られて旅立っていきます。
誕生のシーンでありながら、潔い「死」への旅立ちのシーンのようにも感じられ…この舞台の深さと面白さに、改めて「好きだなぁ~ライパス!」って思いました(*^^*)
インカムではなく、ハンドマイクで歌う曲の数々が、よりライパスの舞台を魅力的にしているようにも感じました。
最後にライパスのテーマ曲を歌って踊って、
楽しそうに板の上にいらっしゃる妃香里さんを見ることができて、
本当に幸せな旅でしたshine 緊張していたはずのヴィーナス席でしたが、
終わった時には超リラックスして寛いでいた自分に苦笑いでした(^^ゞ
あと一回、ライパスに搭乗させていただきます!
ギタリストさんの魂の演奏と合わせて、妃香里さんの数え唄…心して聴かせていただきます。
妃香里さん、あと一息頑張って下さいね♪

投稿: ジェミニ | 2010/09/02 21:12

元気頂いてきました!今回は行ける日を狙っていたのに、たった一週間の夏休みに、水泳部の練習と試合でばてたのか息子の具合が悪くなり始業式から学校を休んだので、私のライパスデビューは2日が初日となってしまいました。観劇後るんるんして帰ったら、具合わるいから明日学校を休むと言っております。親孝行なのか何なのか、とにかく昨日は無事観劇できました!日頃の負の気持ちや何かもファンレターのお手紙にしたためてしまったのですが、また、救って頂いたような内容で、すぐ、あ〜また見たいな〜と思いました。内容をもっとかみしめてかみしめて、力強い歌声を聞きたいです。忍者エールに通じるような、ある時はセラミュをみているような世界、そして入口にいらした妃香里さんに舞いあがった私、優しいお母さんの妃香里さんに癒されました!ありがとうございました!

投稿: よりこ | 2010/09/03 09:52

昨日2度目の搭乗してきました♪

娘にうらまれ・・・じゃなくうらやましがられたきらぴかの
チケットのヴィーナス席(^^)でした♪

ゆったりふんわりソファーは最初ちょっと緊張したのですが
クルーの素敵な方々の親切丁寧なお声かけに少しリラックス
出来ました。
少し腰痛気味だったのですがあったかいブランケットとゆったり
した背もたれに救われました(^^)


※以下ネタバレです。よろしくお願いします


月曜日の観劇からまたさらに少しずつ進化・・・というか
さらに熱く、さらに奥深く、素敵にパワーアップしている
舞台を観て「舞台って本当に凄い・・・!1回1回が生きて、
呼吸して、また何かを生み出していくパワーが存在していて
胸の中が熱くなる・・・」と感じました


タロウに寄り添っているマリアが歌を聴きながらそっと立って
舞うシーン・・・


「あなたのことはなにがあっても私が必ず守るから・・・!」
の言葉のように

愛しくて・・・抱きしめたくて・・・自分の命を削ってでも必ず
守る・・・・・・

・・・そういう想いにあふれたシーンのように感じました


「かぞえうた」

この歌が始まって数秒後・・・客席の空気が静かに変化したように
感じました。

妃香里さんの歌声の強さ・・・優しさ・・・静かさ・・・深さ・・・

生の演奏が心に響き・・・

ふたつが共鳴して魂に響いて・・・

簡単に言葉には出来ない想いでいっぱいになりました

ラストシーンの「はじまりのとびら」
白の美しさが
命の終末のような・・・
命の始まりのような・・・


次の観劇予定は楽日ですがその前にまた観劇したい
・・・と自分の日程とオサイフに相談したくなっちゃいました
(^^)♪♪


妃香里さん、まだまだ暑いので美味なものイッパイ食べて
楽日までふぁいとです(^^)

投稿: みんみん | 2010/09/03 15:27

2日の夜、搭乗2回目は一層の感動の嵐でした(ToT)
※ネタバレを含んでおります。
自分ってなんだろうってモヤモヤの人、仕事で疲れてる人、受験生、ひきこもってる人…ライフパスファインダーに乗せたい☆
そのライパスも今夜含めあと3日! わぁん、淋しいっ!!
9/2は、始動前に振り付け指導がありました♪
ライパスのテーマのサビともう1曲の波みたいに手をヒラヒラするトコです。
おかげで、クルーとライブ、妃香里さんとライブ!! って感じでめちゃ×2楽しかった☆
旅の途中でギターさんに何かが起こり、修理?…困難乗り越え魂の演奏! サウンドクルーの熱い音とマリアさんの歌声が胸に迫りました。
座席は後方でも全体がよく見え、高い位置だからでしょうか、2階の妃香里さんをとても近くに感じました(^^*)
でも~、マッチのシーンは見ちゅかりませんでした(・◇・;)リベンジならず! 楽日…絶対見ちゅける!
ジェミニさんも書いてましたが、1回目の搭乗ではみられなかったマリアさんの動きにハッとしました。マリアのお子(ぷぷ)が歌う時です。白く長い腕をふんわりひろげ、ありったけの安らぎ(癒し? 愛?)を眠る太郎に与え、その太郎ごと自らを抱擁するマリアさん。
太郎さんはマリアから新しく誕生するんですね~。ジェミニさんの言うように聖母マリアですね~。
過去の意思をそのままに新しい誕生…というのは、過去からの遺伝子を継いできた人間の細胞のコトのようであり、人類の歩みのようであり、私の落ち込み&再生のようでもあり(爆)
「個と全て」が自分の中で繋がりました。
私もマリアさんにお世話になってるんだと気づきました。
舞台を観るたびに明日もがんばろうと、新しい自分になっているのだから…。マリアさん、ありがとう~☆
ライパス素敵だなぁ。今日ももうすぐ始動。
妃香里さん、スポーツ飲料などで水分補給もして、残りわずかの熱い舞台でヒィヒィフゥ~、がんばって下さい。

投稿: 星の | 2010/09/03 19:34

ライフパスファインダーやっと行ってきました。入口からアトラクションのようで日常から離れて楽しんできました。
妃香里さんのお母さんぶり、可愛かったです。ちょっと現実離れした理系ママのイメージでしょうか?かぞえうたはこの作品のテーマですね。一気に月まで連れてかれました。色々な妃香里さんが見れて楽しかったです。
あと一日ですね。仲間の力を振り絞って押し上げて頑張ってください。

投稿: あかね | 2010/09/04 21:56

今日2回目搭乗してきました!ほとんど無い当日券を念力で?ぎりぎりゲットできたようで、やった〜と嬉しくなりました。
2回目で、今回はねたばれの皆様の感想を読んで行ったので、マッチの場面の妃香里さんもわかりました!驚いた事に1回目観る前、自分が母への感謝を感じていた気持ちが、舞台での妃香里さんのお役がお母さんだったので、 不思議なご縁だな〜と勝手に感じてしまいましたが、まさにこの舞台を見せて頂けた事は
今の私にとって力となりました!
何時の時も半世紀生きても、こんな生き方でよいのか悩んでいて、悩んでいる仲間がいて、人と繋がっているんだなー、こんな私でも感謝し感謝されているのかと。。
マリアさんの腰痛場面もしっかり拝見しました(笑)マリア頑張るのよ!ぷぷはタロウのお姉さんなのかな?
具合が悪いと言った息子に私もマリアさんと同じように頭をなでてた!本当は抱きしめてスリスリしたいのに高1だからできないな。。母としてわからないことだらけ。自分が母になり子になり、マリアさんと共感し癒されました!妃香里さんの力強い歌声聞かせて頂きました!!心に染み渡る声でした。何度でも聞きたい♪妃香里さんは大変ですね。
明日は楽であと1回になってしまいましたが、楽しみに劇場に観に行きます!

投稿: よりこ | 2010/09/04 23:48

妃香里さん、ライパス千秋楽お疲れ様でした☆
優しさ、ユーモア、美しさ…妃香里さんの魅力いっぱいの舞台を堪能いたしました。
全体を通して忘れがたいシーン、言葉がいっぱいで旅が終わることが淋しくって仕方がありません。
でも、クルーさんに「いってらっしゃい!」と送り出されました。全てのクルーさん、ありがとう! いってらっしゃい!
私も有意義な日々を作って行こうと思います。
搭乗した様々な年齢・境遇の方々が様々な発見をされたことでしょう。人生選択(受験)の時を迎える娘も誘ったものの、日程が合わず残念。
ライパスキャプテンが「台本を読んでもらえるようブログで告知します」とおっしゃっていましたが、DVD・CDも作ってほしいです~(>o<)
さて、楽日にしてマッチのシーンでひーちゃん見ちゅけたっ?! スタッフ殿のヒント通り、上手側、最初は2階のテラスっぽい所? 次は階段の上から3~4段程降りた辺り?

胸に残ったのは、マリアが先導者になるのか、守護者となるか、役割への迷いを太郎に話し、「どうしたら導くことができるのか」という所。
自発がなければ何をどうしても押しつけになりますよね。
護りたい、導いてやりたい…でも人生を決めるのは本人の意思と行動。
マリアさんの「あぁぁ! 抱きしめたい! 抱きしめてチューしたいっ!」は、成長を見守る慈しみの気持ち、愛でいっぱいでした。
私にとって、自分の幸せやわが子のこと、仕事でのスタンスなどを考えるよい探索となりました。
ライパステーマのサビの振りで盛り上がる客席へのOKサイン、いえーい(^ω^)vうれしかったです♪
妃香里さん素敵! ありがとうございました☆お疲れ様でした。

投稿: 星の | 2010/09/06 01:06

もう一昨日のことになるんですね~・・
ライパス 2010 最終便に搭乗して参りました。
もう※ネタバレ注意!の必要がない寂しさを感じつつ感想を綴らせていただきます^^。

今回、私にしては珍しく(笑) 妃香里さんの衣裳については触れずにきていましたので、一応レポしておきたいと思います。
開場後の最初のびっくりタイム。マーキュリーマーズ席の受付嬢での妃香里さんは、
ライパスクルーのスタッフTシャツにジャズパン、超ミニのオーバースカートを重ねばき。
スカートにはサイドに白かシルバー?の2本のライン、Tシャツにはバックプリントで
ライパスのアルファベット。クルー着用の文字は紫か濃いグレー。
因みに物販用はシルバー。ヴィーナス席のお土産用はゴールド。
全身黒の装いですが、ほぼ舞台化粧を施した妃香里さんを真近で拝見する機会は無いに等しいので、その端正な顔立ちとオーラ、本番前のどこかきりりとした表情に毎回見惚れてしまいました(*゚ー゚*)

幕開きから、クルーとして歌って踊って一気にはけるまでは先ほどのスタイル。
次に「そお~っと そお~っと。」と登場するマリアの時には、緩めの黒いタートルネックのノースリーブチュニックワンピにジャズパン。両サイドに大きなポケット、それに続く箇所にのみ2段のフリル。柔らかいAラインの広がりのあるデザインが、ほんのりと身重の母であることを表しているようでした。
「頑張るのよマリア!」の名(迷?)ゼリフが勇ましく、まだ見ぬわが子タロウ(TARO」が正しい表記なのですが打ち辛いのですみません^;)に「始まりの扉」を探すように・・と言い残して去って行く「わけのわからんヤツ」ぶりを発揮されていました(笑)

5色の希望特捜隊「ホールズファイブ」や、黒いツナギの人生開拓隊クルーの
元気いっぱいの歌と踊りがとっても楽しいシーン^^。隊長のここだけの話・・で、
「今回出演の女子の中で最年長らしい!」と丁重な前フリを受け(笑)
舞台下手のバルコニーにハンドマイクを手にマリア登場。
「KAZOE-UTA1」♪を優しく歌いはじめます。
1234・・9とクレッシェントしていき・・
「あなたはあなたらしく 有意義な人に生まれてね・・」と母としての決意を感じるような強さを残しつつ左手をそっとお腹に触れるような仕草で歌い終わりました。

マリアが子どもにとっての「先導者」になるべきか「守護神」になるべきか悩む、ある意味一人芝居?のシーンでは、世の母親たちの永遠のテーマのような選択に思わず共感。どちらも必要な母としての役目ですが、私もマリアと同じくやや「守護神」寄り?。
楽日バージョンの、タロウに「チュー」を迫るマリアの迫真の演技とアドリブに客席大爆笑!でも最後には、
「何があっても、あなたのことは私が必ず守るから・・」と言い残すマリアに感動・・。
自分の出産に当たって、「自分に何かあっても、この子だけは無事に産まれてね!」と強く願った記憶や、子どもたちが育つにつれて、幾度となくぶち当たった大きな壁に立ち向かう時にも、常にその想いは続いていることを再認識しました。

ライパスのサブテーマ?でもある「TOUR TO THE END」
「この人生は長く短い 死に場所を探す旅路
 この人生は短く長い 次に繋げていく旅路」
ロックな大音響で、三蔵法師に見立てた一行が繰り広げるパフォーマンスに、
まるでライブハウスのような熱気に包まれる客席。
しばらく耳がツーンとした感覚が新鮮でした( ゚д゚)!

楽日の「The theme of Life pathefinder」♪での妃香里さんは、黒ツナギに物販されているライパスのキャップをかぶり、「おくりびと」のシロネコヤマトを彷彿とさせつつも180度違うロックなパフォーマンス!
間奏では手すりに噛みつき、サビの振りでは長~い腕でおっきな「L」顔の横で可愛らしく「P・F」「D」で再び腕を広げて、元気に歌って踊ってパワーを送って下さいました^^。
星のさんが書いていらっしゃったように、客席に向けて
OK!のサインをくださったのがすごく嬉しかったです^^。
私事ですが、この日のお席は舞台下手側のサターン席。最上列の通路脇のお席からは、バルコニーの妃香里さんを真正面から捉えることができて、第二希望万歳!
数え唄の時と合わせて、ラストまでに数回
至福の時を味あわせていただきました*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*:.。..。.:*・゜゚・*
次にマリアとして登場される時には、「ぷぷ 」という長女?が一緒。
日替わりらしいぷぷのセリフに、笑いながらアドリブで返すマリアが
優しいお母さんの表情で素敵でした^^。
ぷぷが歌う「KAZOEーUTA2」♪では、タロウの横に寄り添いながら、白く長い両腕を天に向けて伸ばし、その腕を大きく広げてタロウを包み込み、抱き締めるような仕草で見守り続けます。

次に訪れる、衝撃の「Inner War」
「葬奏 -the memory of parting-」の歌詞
「君は何の為に生まれ 育ち 死んで 別れ 恋し 愛し 宿し 
 営む 走り 痛み 忘れ 終わる・・・」
永遠の問いを繰り返し、再生の時を願う壮大な曲のメロディと共に
今も頭の中でぐるぐると鳴り続けています。

傷ついたタロウのために、マリアが歌う「KAZOE-UTA3」♪
右腕を静かに波打たせながら広げ、渾身の愛を降り注ぎながら
タロウを癒していく、優しくも力強い仕草と歌声・・・
「あなたはあなたらしく 有意義な人で終わってね・・」
この日は、ライパスのブログで、妃香里さんの数え唄をご自分の葬奏とまでおっしゃってくださったギタリストさんへの想いも強く感じるような・・
また、ギタリストさんからもその想いが溢れ出るような素晴らしい演奏に、客席全体が吸い込まれていく瞬間がありました。
妃香里さん最高!

馬と迷子のシーンでは、過去二回の観劇後の感覚を確認しながら、
「それは今だ いつも今だ 始まりはこの自分だ・・」
「誰だって自分らしく生きたい だから今は私たち繋がろう・・」
手を取り合って光の中へと消えていく二人の後ろ姿を見つめながら、
一人じゃ乗り越えられない時、いつしか差し伸べられる幾多の優しい手に支えられて歩んできた自分の人生と重ね合わせ、熱く込み上げてくる感情を止められませんでした。

「departure」・・タロウと一緒に、悩んだり苦しんだりしながら
再生し、支えてくれたクルーたちとの別れの時・・。
自分らしく 有意義な人生を・・と願い、永遠の問いと共に旅立つ覚悟を決めたタロウの清々しい表情が心に残ります。
月が満ちて、その時を迎えたマリアの「さあ、行くわよ~!」という勇ましい掛け声が響き・・「始まりの扉」を手にしたタロウが「伝説の頭突き」で扉を打ち破り、
「太陽の穴」へと消えていきます。
永遠の問いを繰り返すマリアやクルーたちの歌声と、
生バンドの荘厳な演奏に包まれて・・・。

記憶のカケラをどこかに残しつつ、再生し続ける・・
そこが目的地でないなら、また始めよう!
人生開拓隊と共に、旅を続けていく勇気と、過去の温かな記憶を
呼び覚まさせていくきっかけをいただきました^^。

カーテンコールでは、EXILEのようなグルグルのパフォーマンスにも参戦してくださって、バルコニーと舞台を忙しく行き来しながらの大熱唱!
あんまり動けない役を演じきった!?解放感からでしょうか(笑)
ぴょんぴょん跳びはねてシャウトしていらっしゃる妃香里さん。
ライパスのテーマ曲を歌って踊って、一つになった舞台と客席。
本当に楽しい旅の締めくくりでしたo(*^▽^*)o

あれ?マッチのシーンはどこへ??(-_-;)・・なあやふやなレポ&感想ではありますが・・
少しでもライパスの感動をお伝えできていれば幸いです。

最後になりましたが・・
妃香里さん、ライパスとの出会いをありがとうございます。
スレンダーな妃香里さんが演じられたからこその、謎めいた母・マリアの優しさや強さ、温かさ・・。ユーモアたっぷりのお芝居には、引き出しの多さに感嘆!
久しぶりの小劇場で、歌と踊りとお芝居を身近に体感させていただいて、
本当に、有意義な時間を過すことができました。
九月に入っても、なかなか涼しくなりませんが、
頑張ってお留守番したとんちゃんと、しばらくのんびりお過ごし下さいね。
本当に本当にお疲れさまでした♪


投稿: ジェミニ | 2010/09/07 12:19

訂正…幕開き後、タロウを取り巻くシーンでの登場の時には黒いツナギでした^^;
こんな感じですので、他にも間違いが色々あるかと思いますが…
どうかご容赦くださいませm(__)m

投稿: ジェミニ | 2010/09/07 13:34

ジェミニさんのレポで各シーンが蘇りました。すごぉーい☆
衣装も細部まで文字で再現しておられ、あふれる魅力をこんなに早くから書き残してくださり、ありがとうございます。
泣けるほど記憶力のたよりない(;▽;)私にとって強い味方です!

投稿: 星の | 2010/09/08 01:01

毎回、携帯からは読み切れない?重たいカキコですみません^^;
最後まで読んで下さった方々ありがとうございます。

もうひとつだけ?追記させていただきます。
オープニングの衣裳(受付嬢の衣裳)は何のため・・?
と目を閉じてみました。。
あっ!予告編のシーンをすっかり忘れていたんだ~と気付きました。
まだ暗いステージに、続々とクルーたちが集結。
各自懐中電灯らしき装備を手に位置につきます。
ストーリーテラー的なクルーの合図と共に予告編のスタート!
何だか○○サスペンス劇場のような・・よりは少し軽快なサウンドに乗せて
意味ありげに佇むクルーたちが順番に光の集中攻撃によって浮かび上がります。
バルコニーに登場した妃香里さんにも数秒光が集中。
長身・黒ずくめの妃香里さんの、うすく笑みを浮かべたような
謎めいた表情と目力に、早くもハートを射抜かれたような衝撃!
客席上空に浮かんだ人生探査機・・箱舟にもスポットが当てられ、
いよいよ旅の始まり・・ドキドキが最高潮に達した時
一人の青年タロウが舞台中央に登場。
白く大きな風船に、タロウが身体ごと入り込んでいき、
「ふえるふえる!」と不思議な言葉を発して・・・

風船から顔を出したタロウとストーリーテラーのクルーが対面。
旅の始まりを告げ、いよいよ本編のスタート!
そこでようやく、黒ツナギの妃香里さん登場~となります^^。
男性クルー二人に乗っかって、後方最上部でポーズを決める妃香里さんは、その後
軽快に最前まで踊り出て、風のように一舞いして・・ドロンします(笑)

以上が、幕開きからマリア登場までの流れ・・かと思われます。
前々回のカキコに読み足していただければ幸いです(*^.^*)

投稿: ジェミニ | 2010/09/08 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« びつくり! | トップページ | 残暑お見舞い申し上げつつ… »