« ありがとうございました | トップページ | イベント写真発送しました »

2010/10/13

トリップ

街の灯りが届かない、とある田舎の丘に登って露天のお風呂に入りながら、自分の周りの明かりも全部消して空を見上げたら、まんってんの星空でした。どれがどの星座かも分からない位のたくさんの星。
寂しくもないし、どこかがキュンとするとか、きれいで感動してたとか…本当に何にも考えてなかったし感じてなかったはずなのに…でも宇宙に包まれてただ漂ってる感じはあったかな…。
ナミダがひとつぶでた。ひとつぶだけ。ひとつぶこっきり。…なんだったんだろう。
なんだったのか、すごく分かってる気もするし、誰かにはっきり教えて欲しい気もする。
…へんちこりんなトリップのおはなし。

|

« ありがとうございました | トップページ | イベント写真発送しました »

コメント

確か3年前のお泊りツアーの夜一人で露天風呂に入った時だったと思いますが、大自然に包まれた感じがしました。その時は少し恐かったです。小さい頃から人工的な町で育ってきたせいか、山とか自然が恐い時があります。
一人の人間なんてあっと言う間に包みこんでしまう、時には優しく、時には荒々しく命を奪うまでも。私は恐怖が先にきてしまいましたが、妃香里さんの一粒の涙はどうしてだったのでしょうね。知りたいですがそうもいきませんね。。あまりにも綺麗な文章、研ぎ澄まされた感覚が強烈に心に響いて、自分が体験した時の事を思い出しました!私は涙は出なかったけど妃香里さんの歌声には涙が出ました。。理由は一緒のお時間を持てたということもありますnote
ありがとうございました。

投稿: よりこ | 2010/10/14 01:29

満天の星空って都会じゃ見れないけれど、岩手の山の中にある実家では、空気の澄んだ夜にはどこを向いてもキラキラ瞬く星が手が届きそうに近くに見えます。ジーっと集中して見ていると流れ星がひとつ、ふたつ。時間を忘れて眺めていると、宇宙の大きさに改めて気づかされながら自分の心の声で問いかけてたりするんですよ。子供の頃は、いつも見慣れた満天の夜空に何かを感じる事なんて無かったように思います。大人になり親になり色々な経験をした今、見上げた星空に包み込まれ何かを感じさせてもらった事があります。妃香里さんの一粒の涙のわけは、その時の星空だけが知っているのかな。

投稿: あややん | 2010/10/14 21:12

妃香里さんの文章が素敵で満天の星が浮かぶようです★
私も宇宙に包まれて漂ってみたい・・トリップしたいですっ!

投稿: YUKARI | 2010/10/14 22:15

喧噪を離れての静寂の中のなみだひとつぶ…。

高校生の頃、よく星空を見上げました。
自分が包まれるようなふしぎ感覚…わかります。
宇宙の中に存在することをそっと認めさせてくれるような…。
そのまま。ありのままの自分を。
・・・・・・。安らぎのひとつぶでありますように(._.)

投稿: 星の | 2010/10/14 22:58

星空はこんな自分のことも大きな大きな包容力で包んでくれるから、安心して心を開ける気がします。
見上げていると素直な純粋な気持ちにリセットされる気がします。
疲れてクタクタになりながら家路に着いたとき、夜空を見上げながら弱音混じりともいえる安堵ともいえる深い溜め息をついていたのは、どんな状態の自分でも全部受け止めて欲しかったからなのかな。

投稿: 南 | 2010/10/15 01:29

マイナスイオンに包まれて見上げた満天の星空…
一瞬緩んだ涙腺から零れたひとつぶのナミダ。

次元が違うかもしれませんが…
空を見上げて、思いがけず大きな優しさに包まれた時
何かに焦れていた自分に気付き、
ナミダが零れた落ちた事がありました。
なぜかココロが軽くなって、
明日も頑張ろう!って思えたりします(^^)

とある田舎の丘の上…満天の星空の下で起きた不思議なお話。
まるで絵本のような、星の王子様からのつぶやきメッセージshine
ありがとうございました♪

投稿: ジェミニ | 2010/10/15 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ありがとうございました | トップページ | イベント写真発送しました »