« ちょうじゃう | トップページ | 残暑にうなぎ! »

2012/08/24

夏におもふ

こうも暑くては、体力どころか気力まで奪われて動く気がしない。
で、夏はまだまだ続きそうだけど、今年の夏を振り返ってみちゃったりして思い出した事をひとつ。
実家に帰った時の事。近所の方の家の裏山で採れたっていう、天然のカブトムシが16匹いた!天然って…どんだけ田舎?ま、それはいいとして…。
その昔はカブトやクワガタが来そうな木に夜のうちに蜜を塗り、翌日、陽が昇る前に起きて見に行くと虫たちが集まっていて、お食事しているところを捕まえるというのが夏イベントのひとつで幸せな思い出だったのだけど。
今はムカシでムシはムシ!いくら昆虫の王様とはいえ、16匹は衝撃(笑)…のぞきこんだ途端に鳥肌がたってざわざわしちゃったのでした。そして同時にちょっぴり寂しい気持ちになりました。
この数十年の間に、何が私を変えたのでしょうね。子供が大人になるっていうだけではないような…?何が人を変えていくのかな〜。

|

« ちょうじゃう | トップページ | 残暑にうなぎ! »

コメント

こんにちは(^^)/
天然のカブトムシ見てみたいです(。・ω・。)
私昆虫大好きなのでカブトムシ飼ってみたいんです(*^▽^*)
16匹もいるなんてよりどりみどりのスーパーのバーゲンセールの取り合ってる人達みたい(笑)
幼虫とかもいたら可愛いと思います(●´ω`●)
ただ仮名Gが16匹もいたら卒倒ですけどね( >_<)
暑い日が続く日々ですが頑張って下さい妃香里さん!(^^)!

投稿: モモ | 2012/08/24 15:19

今はムカシでムシはムシ(笑) 気力-体力喪失気味でも言葉遊びを忘れない妃香里さんcherryblossom 子供の頃、蝶々と蛾を間違えて、ご丁寧にムシカゴに入れて母をゾワゾワさせた記憶が頭を過りました(((^^;)それがトラウマで、今でも蛾は大の苦手ですが、娘達が招かれざるムシにキャーキャー言えば、仕方なく退治する母としての強さ?を身につけました。大人になると共に変わる環境や家族…強くなったり弱くなったりconfident 良くも悪くも、いつの間にか生活に見合った生き方へと…妃香里さんも、まだまだ変わりゆく途中。ムシが幸せを運ぶ存在になる日が再び訪れるかもしれませんよ~(笑)clover

投稿: ジェミニ | 2012/08/24 17:44

カブトムシ16匹……
それはかなり迫力ある光景ですね〜。

普段まったりぼーっと部屋でのんびりしている娘もムシの出現の瞬間、一目散に私のもとに駆けつけてきますが、ムシだけは無理なので私と娘でゼーハー言いながらムシと格闘30分、あげく逃亡されてしまう……なんて事がよくあります(笑)


私の母もムシが苦手なのですが、私と娘が実家に泊まりに行くと、可愛い孫のため!とムシの苦手な娘のために一生懸命窓や玄関などムシがいないか気をつけてくれたり退治してくれたりしていたのを思い出しました。

幼い頃は大丈夫だったのに大きくなったら苦手になったり、反対に苦手だった事が大きくなったら出来るようになったり………

人は生きていくために必要な、本当に大切な事に対して無意識のうちに力を蓄えていくものなのかなあと感じました。

朝のお散歩でとんちゃんと共に出会うありんこや蝉さんのいる光景にはぞわぞわもなく穏やかな時間が流れていらっしゃるご様子に和みます( 〃▽〃)

毎日暑いので熱中症などにお気をつけて、栄養あるゴハンと水分をとって、残りの夏をお過ごし下さいね( 〃▽〃)

投稿: みんみん | 2012/08/25 02:01

16匹うごうご…は、やっぱゾワゾワです。
私も子どもの時はかぶと虫もだんご虫も平気だったのに…。
田舎にはいなかったブラックダイヤモンド(G、五木さんとか呼び方色々♪)との出会いの影響が大きいでしょうか(^^;)ほほっ。
ふぅむ、子どもの頃の夏のワクワクが懐かしいですね。親戚や近所の子ども同士で遊ぶのは本当に楽しかったにゃ…(゜ω ゜)遠い目

投稿: 星の | 2012/08/26 02:45

妃香里さん
「少〜し暑さが落ち着いてきたかな?」…な気がします。
ちょっと動く気がしてきましたか?
きっとカブトムシさんが5匹だったら「まあ〜可愛い!」だったかもですね。
追伸
夜ご近所でジョギングをしていると、たまに「ブ〜ン!」と言う羽音と共にカブトムシさんと遭遇する事が有りますよ。(笑)

投稿: 横浜の牡馬 | 2012/08/29 08:29

お久しぶりですhappy01
夏休みももうすぐ終わり~妃香里さんの夏の思い出写真やカブトムシ話などで、ちょっぴり夏の匂いを感じさせてもらいつつ、いつもと変わりなく仕事に励んでおりますpunch
年月と共に変わる感覚って不思議ですね。子供は怖いもの知らずなのかな~sign02怖いものや苦手なものを知っていくのが大人になる事だとしたら、やっぱりちょっと寂しい気がしますねthink

投稿: 里紗 | 2012/08/29 13:42

ちょっと違いますが、小さな時の記憶で、鳩の死骸を寝ている母の枕元に置いて悲鳴をあげられた事がありました。かわいそうだと思って持って来たのですが、今なら間違ってもしません。きっと持てません。悲しい事に、そんなにはかわいそうと思わないかもしれません。結構そんな事に鈍感になってる自分がいて、どこでどうなったのかと思ってしまいます。
蓑虫を沢山集めていた事を思い出しぞわぞわしてます(笑)素敵な毎日だった気がします。

投稿: よりこ | 2012/09/02 03:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょうじゃう | トップページ | 残暑にうなぎ! »