« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015/01/31

自信か〜

最近、20代の若者達とふれあう機会があちらこちらであるのだが、みんな一様に「自分に自信がない」と言う。
自信があるヒトなんているのかな…ま、世の中にはいるか…でも、ないからこそ踏ん張るんじゃないのかな?それが最終的に楽しいんじゃないのかな?自信があったらそこでストップしちゃうんじゃないかな。
大事なのは、そこで引っ込んでいきそうになる「自分に負けない」ことなんじゃない?誰に負けても自分に負けちゃいかん!
私もないよ…自信なんて。ただ、年月を重ねた分の経験を携えて開き直りつつあるだけ(笑)
結果がダメでもそれは負けじゃない。最後まで自分を諦めなかったという勝利があるはず。それがきっと次に進むちっさな自信。

| | コメント (6)

2015/01/28

ギャラリーUPしました

遅くなりましたが、年末のOff-broadway Musical 『bare』のPHOTOギャラリー、UPしました!
http://www.onohikari.com/gallery/bare.html

同時にオフィシャルサイト「PROFILE」内にあるステージレコードも更新しています。

ぴかぴか組の皆さんには間もなく会報もお送りしますので、お楽しみに♪

| | コメント (3)

2015/01/18

初体験!

初体験!

生フィギュアスケート!生まれて初めて。
今、日本には世界トップレベルのスケーターがたくさんいるでしょ?同時代にナマで見れるのに見ておかないと勿体ないんじゃないかと…。
開幕?して10分くらい何故かずっと涙が出たんだけど、何だったんだろあれ。会場全体が手拍子をして世界のトップ達が群舞で凄いスピードで跳んだり回ったり…観客たちがひとつになってる事に?…分からない。泣いてる自分が不思議だった〜。

テレビではわからない、肉体表現や音の中での間の取り方、リンクの使い方等が見えてくる。特に同じ振りで並んで滑っていると面白い。 日本のメダリスト達もみんな出てたけど、私の視線はメリル・デイビスにロックONでした!
振りの間と伸びやかな上半身と下半身の芯の強さ!遠目で見ててもしなやかな色気があって、身体の芯が全くブレないのが、メリルの精神というか心にも芯があるんだろうなと…。やっぱり身体表現ってそのヒトが透けて見える。

ああ、面白かった!しっかし、当たり前だけど舞台がアイスリンクって事はさぶいって事だよね…じっと座って2時間は…終わって気付いたら身体カチンコチンだったよ(笑)

| | コメント (7)

2015/01/06

あけましたの?

1420510736865_4

ただ餌を捕る為に飛ぶのではなく、飛ぶ喜びを知る為に…
っていう所が昔から大好きで、誰かにプレゼントしても必ず再びマイ本棚にはあるっていう本だったのだけど、数ヶ月前に完成版?最後の章が付け加えられたのが発行され…ストックしておいたのをやっと、このお正月に読めたわけなんですが!

これが、今?このタイミングで?読んだわけよねっていうドンピシャな驚き。
「bare」でシスターをやるにあたり、キリスト教2000年の流れなんぞをさらっとさらってみたの。一応「私は既に売れてますので。」なんて言って神様一筋だからさ(笑)
この「かもめのジョナサン 完成版」で、まさにそのナマで生きた教えから弟子達に体得させたものが、いつの間にか偶像化され儀式と形式の教えになっていく様が、記憶に新しいキリスト教の歴史と、かっつり重なって…。
実は、シスターといえど暴言吐くわ、これって神の教えに真っ向勝負してるよね、シャンテル?って…いう疑問を抱きつつも、地獄に堕ちても生きなきゃっていう想いで演ってたんだけども。
かもめのジョナサンは神様でも何でもなくて「ただのカモメさ」だって~。
なんか、救われた気分。あながち間違ってなかったかな…と。

偶然と必然て正反対のようで同一なんじゃないかと、最近よく思うのでした。

な~んて「bare」終わってからも、なんだかかんだか思考はビズィで…でも一応、紅白歌合戦もきっちり観て、年越しそばもおせちもお雑煮もお汁粉も食べて、初詣も、ひと通りやりました(笑)!! 部屋の掃除もぼちぼち終わるかな~(泣)

ということで!今更ながら、

明けましたおめでとうございました!

| | コメント (5)

2015/01/05

仕事始め

皆様、新年あけましておめでとうございます!

昨年は年末まで『bare』三昧で、バタバタしているうちに年を越してしまいました。
事務局も今日から仕事始め。いろいろ片付けつつ、まずは妃香里さんからインタビューを取って会報制作に取りかからねば!という年明けであります(笑)

本年も応援どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »