« いつの間にか、秋 | トップページ | 1/1000章deフランス »

2015/10/11

ういーういー

ういーういー

わたくし、遂に、フランス上陸を果たしております。
着いてすぐに、ココシャネルが最初にお店を出したカンボン通りを闊歩。今回は、いろんなお芝居でやった役達のゆかりの場所に行ってみようか?な旅。さすがに、ヘリコプターでニースはむりだが…(苦笑)
初めて行くのに何だか懐かしかったり、よく知ってる気がするのに驚きの発見があったり。
毎日、5感はフル活用で冒険中!

|

« いつの間にか、秋 | トップページ | 1/1000章deフランス »

コメント

フランスって
建物や街並みが
本当綺麗ですよね(((o(*゚▽゚*)o)))

フランスの神聖な雰囲気が
大好きなので
私も旅行に行くなら
フランスがいいなぁと
ずっと思ってます‼︎

ステキな写真
ありがとうございます♡♡

投稿: ♡moon♡ | 2015/10/11 20:30

あ、すごい!
フランス、無事に到着しておめでとうございます。

もうすでに行く場所、寄ってみたい所を調べてあると思いますが、パリに住んでいた親友にちょっと相談してアドバイスを聞きました。

Maisons de Victor Hugo (6 Place des Vosges) とMusée Picasso (5 Rue de Thorigny)の間Maraisと言うエリアの裏道に、ガイドブックに載っていないような小さくてかわいいブティックやお店、ティーサロンなどがたくさんあります。

Amin Kaderという店は親友の友人の店で、3年間かけて14世紀ルネッサンス時代と同じ技術を持っている職人を雇って倒産ぎりぎりまでの期間とお金をかけて店の内装を作りました。そこではSanta Maria Novella(あのメディチ家のファーマシー)の香水やコスメと、ファッションやバッグなどを販売しています。
*Amin Kader
1 Rue de la Paix 75002
グーグルマップ:http://bit.ly/1N6QH9o

パリにいる間に仏像(偽物でも)にご挨拶をしたければBuddha Barというトレンディーで巨大なバーレストランにあります。
*Buddha Bar
8-12 Rue Boissy d'Anglas, 75008
www.buddhabar.com/en/restaurant-bar-buddha-bar-paris-20

もういろいろな方から忠告されていると思いますが、スリには本当に気をつけてください。最近はどんどん巧妙になって、単独ではなく集団で、子供や赤ん坊を利用してプチ芝居をして観光客を騙すのが多いです。
ま、ある意味ストリートシアターの様なものですが、その悪党役者達の芝居の被害者役にならないように、ご注意ください。

投稿: rose | 2015/10/12 01:10

妃香里さん
フランス上陸おめでとうございます。
妃香里さんが演じられたいろいろ役さん達と巡る「妃香里さんのフランス紀行」を楽しまさせて頂きます。
「ココシャネル1号店跡地」なんて石碑が有ったりするのかな?

投稿: 横浜の牡馬 | 2015/10/12 08:12

妃香里さん、おはようございます(*^^*) パリにいらっしゃるなら、日本時間を7時間遡るから今は朝の7時過ぎかしら~と、スマホの世界時間でついついチェックしちゃってます(笑) 寒くなる前に願いが叶って良かったですね♪ ココ⚫シャネル、モディリアーニ、サラ⚫ベルナール…舞台で出逢った方々の軌跡を辿る旅、素敵です(*^.^*) 五感が研ぎ澄まされ過ぎて、19世紀にタイムスリップしてしまわれませんように! パリのマルシェで、ジェーン⚫バーキンさんとバッタリ!?みたいなことも想定しつつ(笑) 思う存分フランスをお楽しみください^^。(あっ!Roseさんのアドバイス…巧妙なスリには本当に気を付けて!) まるでパリジェンヌのようにすっかりフランスに溶け込んでいらっしゃる妃香里さんの、次のレポートも楽しみにお待ちしています(^-^ゞ♪

投稿: ジェミニ | 2015/10/12 14:38

うわぁ
むちゃくちゃ絵になってますね

パリ 寒いと思うので風邪ひかないように!

投稿: ねね | 2015/10/15 09:56


今更なコメントですが。。。。

上陸おめでとうございます!!!!!♡♡
なんだかんだで初めてじゃないですもんね(笑)

やはり妃香里さん、フランスの風景が似合ってます!!(*^^)v

投稿: まっきー | 2015/10/27 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いつの間にか、秋 | トップページ | 1/1000章deフランス »