« おそるべし! | トップページ | 初日 »

2018/06/20

銀河鉄道の父

銀河鉄道だし、母じゃなくて父だけど...題名からインスパイアされて、門井慶喜さんの直木賞受賞作を読んだ。電子版で読んだので写真は無いの。

「銀河鉄道の夜」を書いた宮沢賢治のお父さんのお話。男の子に対しての男親って...未知の世界だなぁ。でも、宇宙の法則から云うと、どんな人生も父と母がいなくちゃ始まらないのさ。そして、父と母がどうであろうと未来を選択していくのは主人公なのだ。
と、ふと...そんな思いを込めて「ダブルフラット」書いたっけ。そんな想いが脳裡をよぎる。

はてさて、わたくしはぼちぼち明治座にて「銀河鉄道の母達」⬅演歌っぽい(笑)。提灯の中、999号はどんな走りを見せるのでしょうか⁉お乗り遅れのないようお気をつけくださいね~!

|

« おそるべし! | トップページ | 初日 »

コメント

妃香里さん
「銀河鉄道お父さん物語」
妃香里さんがお読みになられたのは
「999」の出演が決まってから?
それとも「予感」かな?
おまけ
提灯の中・・・「999祭」お楽しみです。

投稿: 横浜の牡馬 | 2018/06/21 06:47

銀河鉄道999舞台、ずっと前から楽しみにしていました(*^^*)

今日観劇なので朝からわくわくしています。

妃香里さんがこの場所に書いてある
「宇宙の法則。どんな人生も父と母がいなくちゃ始まらない。
父と母がどうであろうと未来を選択していくのは主人公」

という言葉がすとんと胸に響いて来ました。

自分自身がここ数年でそういった想いを強く感じる日々だったりするので重ねて感じたりします。

そういう想いを胸にしながら今日観劇したいなあと思います(*^^*)✨

投稿: みんみん | 2018/06/26 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おそるべし! | トップページ | 初日 »