« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019/04/29

Information

■出演予定

新・古事記ミュージカル 『天の河伝説』
7月3日~7日 博品館劇場

作・演出:旺季志ずか 
出演:舞羽美海 江田恵 鯨井康介 宮原奨伍
小野妃香里 ほか

http://www.airstudio.jp/index_19milkyway.html

 

Musical 『ボクが死んだ日はハレ』
10月2日~8日 赤坂RED/THEATER

作・演出:石丸さち子 音楽:森大輔
出演:浦嶋りんこ 小野妃香里 綿引さやか
上野哲也 百名ヒロキ / 彩吹真央

https://polypho.wixsite.com/bokuhare

 

https://polypho.wixsite.com/bokuhare■DFH/小野妃香里 Dance Factory

5月のLESSON
5日・12日・19日・26日 
★毎週日曜10:30~受付

10:40~11:30 ストレッチクラス
(身体の内部に意識を向け各機能を目覚めさせる
ストレッチと、体幹を鍛えるバーレッスン)
11:30~12:20 コンビネーションダンス
(ミュージカル・ポップスからヒーリングまで
いろいろなジャンルの曲で振付を覚えて踊ります)
http://www.saistudio.net/komone-b.html#08

ストレッチクラスのみの参加も歓迎!
体験レッスンあり、お問い合わせはこちらまで

|

ごほうび

Img_20190429_094119

紫外線が強くなる前に、早朝から庭の草むしり。
一段落して、これまた庭の隅になってる金柑を採ってパクパク。種は木の根っこに向かってプッ。猿だな私…とか思いながらも。
酸っぱジューシーで超ウマ。

| | コメント (3)

2019/04/28

出演情報&顔合わせ

Img_20190429_083942_1

ぴかぴか組の皆さんにはメールにてお知らせしましたが、妃香里さんの夏の舞台の情報解禁&顔合わせがありました!
本読み後の妃香里さん、ちょっと目が寄っていますが?!役名は此花咲夜姫(このはなさくやひめ)ということで(笑)、姫です!お楽しみに♪

 

●新・古事記ミュージカル 『天の河伝説』

 

http://www.airstudio.jp/index_19milkyway.html

 

<日程>
7月3日(水)18:00
7月4日(木)18:00
7月5日(金)13:30/18:00
7月6日(土)13:00/17:30
7月7日(日)11:30/16:00

 

<劇場>
銀座・博品館劇場

 

<チケット代金>
S席:12,000円 A席:9,000円 B席:7,000円

 

お申し込みはこちらまで↓

 

http://universalartist.co.jp/shopdetail/000000000004

| | コメント (1)

2019/04/17

ヴィクトル・ユゴー

今思うと変な邦題だが…子供の頃、初めて読んだ文字だけの本は「ああ無情」。話が面白くて、本て面白い!と思ったのでいまだに忘れない。後々大人になって気付いたのだけど、ああ無情はレ・ミゼラブル、フランス語のド直訳でありました。

 

本て面白いと思わせてくれたヴィクトル・ユゴーさんが自身の最高傑作だと言ってるという「笑う男」…知らなかったけど。
日生劇場で観てきました。

 

ユゴーさんの時代の特徴なのか子供の頃の感覚に引き戻されるのかなんなのか…なぜか昭和な気分になりました。
そもそも昭和って、特に芸術はフランスに憧れを抱いて真似してるふしがあると思うのだけど、人間はシュールに描かれていて、踏まれても踏まれても立ち上がれ!みたいなところなのかな~。あと、現実は苦しくても人間には想像力がある…的なファンタジー感が昭和っぽいのかな。
私は嫌いじゃない、というか、この系統で育った気がする。

 

と、つらつらと色々思いながら観劇しておりましたが、10代の頃から存じ上げてるあの方もあの方も、うちのスールちゃんも!?みんな素敵でございました。

| | コメント (1)

2019/04/05

ボクハレヴィジュアル撮影

Img_20190405_115855
ダブルフラットの時と同じ場所、同じカメラマン。
演出の立場から役者達に言っていた言葉が今日は自分自身に
向かってはね返ってくるのを楽しみながら。
一緒に撮り始めた途端に上野くん演じる篠原への想いが蘇って、
あら私こんなにこの人の事、愛してたのね~って気付いたり。
りんこさん演じるミミさんを1歩離れて冷静に羨望の念を込めて
傍観してるつもりが、いつの間にか自分も巻き込まれてる感じとか。
一気にSHOKOになった。
もう一度、あの時間を生き直せるって…凄いことだし嬉しい。
観たいと思って下さる方々あっての再演。
頑張ります。

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »