« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020/06/17

チイチャイコフスキー

Img_20200617_075155


なんていうのこの気持ち。
幸せ?喜び?自然に対する敬意?慈しみ?
自粛中の4月半ばに畑を作って、畝のてっぺんにちょいちょいと種を撒いた枝豆の。
私なんか、たまーに草むしりしかしてないのに。土と太陽が育ててくれる。

ちいちゃな、オレンジ色なの?紫色なの?水色なの?って花を咲かせ…そもそも花なの?って位ちいちゃな花なのだけれど。それから、人差し指の先にすっぽり入ってしまうけれど、すっかり枝豆の様相をしたちいちゃな実ができた。

この気持ちを著す言葉が…よく分からない。無理やり説明するとすると、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲第一楽章がぴったりくる。
そして言葉にならない程感動しているにもかかわらず、これが大きくなったら食べちゃおうとしている自分がいる!
それも含めてチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲第一楽章!

| | コメント (3)

2020/06/13

シスター

Img_20200613_150517


リモート配信される「シスター」
ワタシ的にはいっぱい詰まってる某劇場で撮ってきました。またひとつ、深く刻み込まれました。

お客様がいない中、物音ひとつしない深海のような真空のような舞台。
お客様が微動だにしない瞬間は味わった事があるけれど、それとは全く!全く違うの。それはある意味新しくて面白かった。
それでも、発する言葉は未だ観ていない画面の向こうの誰かを通してから相手役の弟まで届けようとする感覚。それは覚えているのに、相変わらず何をどう喋ったか殆ど記憶がない。

収録後に残ったのは……やっぱりやめておこう、説明するのは。皆さんにそれが届きますようにってジッと待とう。
瞬間的に答えが出ないのもナマとは違いますね〜。待ち遠しいというよりはじれったい気がするけど。

台本がとても面白くて、それをどこまで表現できるだろうという挑戦でありました。
私が今持ってる技術と経験と魂をこの1時間ちょっとに詰め込んだ。私自身のアレコレはともかく、とても素敵な世界なので観て欲しい。

初対面でほぼ御本人のことは何も知らないのだけれど…可愛くてたまらん弟の佐奈君。この作品に出逢えて、今、なぜだか幸せな気持ちです。

| | コメント (1)

2020/06/06

人生初


リモートでお稽古でした。
初対面の方とイキナリ画面を通じて言葉を交わし台詞を交わすって…どんな感じ?それよりもその前にこのパソコンちゃんと繋がる?カメラ映り悪くない?初対面の印象としてはどーなの?この部屋でひとりぼっちで役に集中していられる?

未知の旅へ〜あぁああ〜な気分で朝っからずっとソワソワしてました。

結局、開き直ってやりたい事やるべき事を目一杯やってみるしかないと…。

まず、声の出し方とか間とか、微妙だけどやっぱり1回電子に変換されてるんだよね〜。空気の量とか圧が伝えられないし、今まで使ったことないアンテナが必要な気がした。
大きな声は逆に音が割れない様に小さな声になって届けてくれたりしちゃうんだよね。

これはこれで色んな事感じられて楽しかったけれど。


オンライン帰省とか推奨されてたけど、やっぱりさゴハンの炊ける匂いとかお味噌汁の味とか…インクルードで初めて帰省って言えると思う。
野球だってやっぱりテレビで観るより、スタンドでビール飲みながら隣の見知らぬ人と一緒に一喜一憂しちゃうあの暑苦しい感覚が特別で楽しいんじゃない?やった事ないけど。

てなわけで…ナマにこだわってた私も、いよいよ侵食されつつありますが。この状況下で皆様になにか役に立つことができるのでありましょうか。今、私が出来ることやらせて貰えること精一杯頑張ります。

この稽古の成果はもうすぐお知らせ出来ると思います。楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

| | コメント (1)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »