« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/27

吠える

Img_20200727_111713


アレンギンズバーグの「吠える」

シスターに出てくる弟が大事にしている詩集。
弟が遺言を挟んでおく場所として提案するのだが、姉は速攻「間違いなく捨てられる」と明言する。
どんな詩集なのか、すごい興味がわく。

今どきポチとしたら、家にすぐに届けて貰える。昔は足と少ない知識を駆使して欲しい本や情報を得たものだが…まぁ、いいか。

装丁が美しい。
原題は「HOWL」…邦題は「吠える」なるほどにゃ〜なんて思いながら読み始める。

うん。
さっばり意味不明。

いや、わかるんです。私も70年代には生まれてますし、親の青春の頃の…反体制とかヒッピーとか…吠える感じ⁉︎
私もこう見えて⁉︎吠えるタイプだから。でもそういえば、時代に合わせて顔変えてる。っていうか自分でも気付かないうちに自然に対応してか?大人になったのか?
それが良いのか悪いのかわからないけど。
だって、今こんなふうに吠えたらこの社会では生きていけないよ。仲間外れくらいで済めばまだ良いけど。

普通に考えたら「間違いなく捨てられる」詩集だ。

ふと…
この春に父の遺品を整理したが、間違って捨てたものは無かったろうかと脳裏をよぎる。今更遅いけどさ。
一応、選りすぐって残した本は私の本棚に既に馴染んでるよ〜。

| | コメント (1)

2020/07/17

掟!成仏?


シスターの配信始まったよ〜。
はぁー。我ながらツッコミどころ満載…。

ひとつだけ、たったひとつだけ…朗読だからやってはいけません!と演出家から言い渡された掟がありました。それが、何かは秘密だけれども。

1回だけ破ってますーーー!
そのたったひとつも守れないって…本当にね。他に誰方も破ってないって。
自分で自分の観て思い出した。あの瞬間も「やってもうた」と思ったけど、本番中って反省しないから…忘れてた。撃沈。

佐奈くんと向き合ってやってないので、はじめて映像で表情みたら「わ〜、そこで笑ってたんだね〜」ってところがあったりなんかして、更に愛おしくなったりして…相手の表情みて、動いて身体ごと表現…これ、芝居でやらせてください!って思いましたけど。朗読だからこそ、どう表現しようかと考えて気づいた事が沢山ありました。

ホント、私のアレコレはともかく…観ているうちに皆さんが弟か妹か?そんな気分になってくれたら…掟破りでも成仏。…できますように〜!

観てみて下さいませ。

あぁ、良くも悪くも生ならその場で正直な答えが出るのに。こんなに遅れてみんなの反応がこわい。オェ〜ってなりながら出番前の袖でずぅぅぅっと待ってる気分。

| | コメント (2)

2020/07/16

リーディングドラマ『シスター』配信開始です!

オンライン上演のリーディングドラマ『シスター』の
妃香里さん出演回配信が本日より始まりました。

●配信期間:7月16日(木)18:00~22日(水)23:59
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b2061901

姉と弟が織りなす言葉だけの世界…お見逃しなく!!

| | コメント (2)

2020/07/15

出演情報!

妃香里さんの、帝劇10月公演ミュージカル『ローマの休日』出演が決まりました!

●2020年10月4日~28日 帝国劇場
https://www.tohostage.com/romanholiday/

ぴかぴか組の皆さんには詳細が決まり次第、
メール配信しますので少々お待ちください。
無事開幕しますように祈りつつ…皆様もお気をつけてお過ごしくださいね♪

| | コメント (1)

2020/07/11

晴耕雨読

読書なんて結局は2次元の世界で、ただのヒマつぶしに読んでるつもりなんだけど。
本を整理したり古本屋に持って行ったり、そんなこんなも面倒だから、なるべく電子版で読んでるけれど。
あっと言う間に、ガリガリと積み上げられていくのは…。

そんなにヒマか!
いや、雨降りの季節だからだ!

晴耕雨読
晴れの日には外へ出て働き、雨の日には本を読んで静かに過ごす

そうそう!梅雨の止み間に初めての収穫。
枝豆ちゃん、採れた。
早速茹でて塩で食べた。ゲキ激ウマだった。太陽と土の味がした。

外出自粛でヒマが出来たので、庭の片隅を耕して種から植えて、水を撒いて草むしりして3ヶ月。

3ヶ月もかかって、食べるのは一瞬だった…儚い。
というか、何でも食べるは一瞬だけれど大切にいただかなきゃいけないなと…今っさらだった。

この時間をヒマと呼ぶか。
今の世の中の状況からみたら、贅沢で幸福な時間に違いない。

 

Img_20200711_175509

| | コメント (3)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »