« 2020年10月 | トップページ

2020/11/25

オドロキのジジツ


はてさて、何を隠そう…隠してもいないが、この私、この世に生を受けて50年目にいよいよ突入するらしい。
つまり満49、数えで50。

ここひと月は休みとはいえ、来年の頭まで公演予定があるので不要不急の外出はしない。やっぱりいろいろ恐ろしい。
で、結局、自粛期間と同じように家で過ごす。本棚の父の遺していった書物をガリガリ読んでいく。
手元に残すだけあってお気に入りなのか?遺された者達に読ませたかったのか?

どれもなんだかじんわり滲みる。死生観や真理…自分で積み立てたと思っていたけれど、やっぱり父の影響なのかしらね。ちょっと悔しい気もする。

やはり時間があるとずーんと自身の思考の中に入る場面が多い。それでも私の場合、何故か絶対に結果明るい方に向く。このおめでたい感じも父のおかげ?いやこれは年を重ねて開き直ってるだけだ。そう、でもそうなら歳をとるのも悪くない。

さて、残りの半世紀、私の思考はどんな旅をするであろうか。
そんなに長生きするつもり⁉︎
でもさ、人生100年時代って…まーだ折り返し地点じゃないか!

| | コメント (7)

2020/11/05

こよみ

Img_20201105_115211


気づいたら、部屋のカレンダーが9月のままでござんした。

舞台期間中は時間がとまる。
同じ時をループするからなのかな⁉︎意識も思考も前に進んでない。周りの時間は進んでるのに私は進んでない。ふと、半袖のTシャツじゃ、もう寒いんじゃ!って覚醒する。あんなに暑かったのに、季節は確実に進んでいる。

稽古前に植えた畑の種も実がつき始めてる。冬野菜。人参、玉葱、馬鈴薯。大根はいい具合に葉っぱが出たのに虫さん達に食べられて全滅だったけど、カレーシチュー煮物なんでも来いだ。
私は土を少し整えただけで後は何もしていない。馬鈴薯なんて冷蔵庫にあったのを土にペンペンって埋めただけ。季節と共に成長する植物ってすごいな~。ついでに⁉︎オナカも満たしてくれて私を生かしてくれる…。と、畑を眺めながら阿呆みたいに思ったりして。

カレンダーくらいちゃんと捲ってこう、ちゃんと生活してこそ役者というお仕事が成り立つん。そろそろ年齢に中味が追いつかないといかんなぁ。

そして、またまた、ふと気づく。
野菜が食べ頃になる12月中旬には名古屋に旅立つ。そして年が明けて1月中旬まで帰って来ない。

| | コメント (3)

« 2020年10月 | トップページ