« 『楽屋』ライブ配信決定! | トップページ | 『楽屋 -流れ去るものはやがてなつかしき』ビジュアルブック発売! »

2021/06/14

女優A

210614083342400_deco


『楽屋』無事に千秋楽まで終わりました。

銀座の街をテクテク歩いて、このご時世にしては人が多いなぁと思いつつも、昨今増えていた外国人の方が全くいなくて、今はそれほど混んでもいなくて、歩道を真っ直ぐ歩ける…そういえば、昔はこんな感じだったよね〜この道。なんて思いながら博品館に通いました。

作品柄、記憶の奥底に刻まれていた風景や言葉が蘇る日々でした。

きっと、ずっと私を観て下さってる皆さんもこの劇場でのあの作品を観た頃は…あんな生活してたなぁとか思い出したりなさったのではないかなと想像しております。


毎回、博品館劇場、恒例の…ヘタ。
出番を待つ為のシモテの袖に続く怪談に…いや、階段に貼られた表示。なんだか今回の役にしっくり嵌った。


また、コマコマした事は会報で〜。

お運びくださった皆様、ライブ配信で観てくださった皆様、ありがとうございました。

|

« 『楽屋』ライブ配信決定! | トップページ | 『楽屋 -流れ去るものはやがてなつかしき』ビジュアルブック発売! »

コメント

妃香里さん千秋楽おめでとうございます㊗️
観る度に発見がありました。1回目より2回目、そして今日で見納めと思った日はもっとみていたいと思い、配信があった!と救われました。
終わり方も素敵だったなぁと思いました♪孤独な女優に、鏡を貸してあげたり。 
で、女優Aは、戦争でなくなっていて、あの傷はその時の傷で、兵士の姿が見えるとの描写もありました。かもめのニーナを狂わす髭のおじさんもいらっしゃいました♪
三人姉妹とはどんなお話なんでしょう。
素敵な舞台をありがとうございました😊
ヴィジュアルブックが出るのでしょうか?楽しみです。

投稿: よりこ | 2021/06/15 00:54

無事に千秋楽まで❗️この言葉の重みをひしひしと感じながら…本当に良かったです✨
新橋からの方が便利なはずなのに、なぜか有楽町方面からテクテク歩いてしまう博品館までの道。色んな思い出が交錯してとても感慨深かったです。
「楽屋」のもつ魔力?に吸い寄せられるように劇場通いをする幸せな時間でした。
女優Aの火傷あとの所以に想いを馳せてみたり、幽霊とは呼ばずあくまでも女優と役付けた意味を思い巡らせてみたり。
観るだけでは飽きあらず、戯曲を何とか見つけ出して読み返してみたりと楽屋三昧の日々を過ごさせていただきました。
観るたびに読むたびに 何か伏線があるのでは?と訝しく思う反面、何かの拍子にストンっ!と府に落ちる瞬間もあり。
女優Aの劇中劇を演じる妃香里さんの、浴衣の下から現れた半ズボンに驚いたり(笑)膝から下の綺麗な足に見とれてみたり✨
女優Bとの軽快で辛辣で、どこか諦めに支配された悲しさにも気持ちを寄せていたのですが…女優Dとの絡みで一番痛い所を突かれて激しく動揺する、女優Aの本質に触れたようで目頭が熱くなりました。
戯曲を読み返して確かめたかった接続詞は、なぜか記された台詞には見当たらず?
今回の台本にだけ書き加えられたモノなのかな…などと勝手な想像をしつつ。自分の中では、女優Aのその件がとても印象的でしたので、あえて配信は観ず、心の中にしまっておこうかと思います🍀
三人姉妹のラストの台詞…女優Aの妃香里さんから繰り出される、副題の流れ去るものはやがてなつかしき…を彷彿とする台詞。死人となってもなお、女優として生きていく決意と揺らぎの両方を纏っているかのようで胸に染み渡りました。「それがわかったらねえ、それがわかったら……」
妃香里さんの声でこのお芝居を締めくくれて、ふっ…と幸せな気持ちになりました。
「楽屋」に出会わせて下さって、本当にありがとうございました。お疲れ様でした❗️🥰

投稿: ジェミニ | 2021/06/15 16:52

妃香里さん
舞台お疲れ様でした。
女優Aさん演じるいろいろ妃香里さんを堪能させて頂きました。
やっぱり舞台は良いですね。

投稿: 横浜の牡馬 | 2021/06/15 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『楽屋』ライブ配信決定! | トップページ | 『楽屋 -流れ去るものはやがてなつかしき』ビジュアルブック発売! »