« 梅雨前線上のアリア | トップページ | レコード! »

2021/07/23

こわすご

昔、子供の頃、確かドラえもんに描かれていた未来に、人間はカプセルのなかで寝たまま生活しているというのを読んで、子供ながらに、まさか〜そんなの怖すぎる!生きてる意味ないじゃん?って心から思って本当にそんなことが出来るのか真剣に考えたので、そんな漫画の1コマはずっと頭の片隅にあった。確かドラえもん…誰か何巻か知ってたら教えて。

それからほぼ半世紀。
まさか…⁉︎現在⁉︎
家から出なくても、ゴハン作らなくても、掃除洗濯しなくても、買物しなくても、ヒトと直接会えなくても…生きていかれる…あんなに恐怖を感じた未来がまさかもう、ここにある⁉︎なんなら日本の国がそれを推奨している!
怖いを通り越して凄い。こわすご。

現在、どっちを向いても日本中ねじれてる。テレビの中に見える事象もネットで得られる情報も私の周りにある立体的な世界も。
コトバが通じない相手とどう闘えばいい?相手の体温を感じないままに家に閉じこもって、自分が正義だと信じている言葉を世の中にぶちまければ気が済むのか。かといって、黙っているのも埋もれて沈んでゆく気がして。

しかし、どーすりゃ正解よ!?って考えてる時間が長すぎて、答えが無さすぎて、も〜どーでもいいかぁって…ぶっちゃけ思っちゃってる現在。

この数日の暑さも相まって…必要必急以外、外に出ない。本もCDもビデオ⁉︎だって家にいてあっという間に探せる。手に入る。なんなら舞台さえも観れちゃうんだから。

これは進化か?或いは退化か!

|

« 梅雨前線上のアリア | トップページ | レコード! »

コメント

妃香里さん
「ドラえもん」の世界は「夢物語」
と思っていたけど、実際にある道具もあるのかな?
怖いような、楽しいようなですね。

投稿: 横浜の牡馬 | 2021/07/25 19:11

「しちぐぁつ」~の「こわすご」
妃香里さんのひらがな題2つ…これを読んで、どう言葉にしたらよいかわからない、今の自分の心の声とリンクしたような気がしています。
そして、理由も何も、それが合っているのかもわかりませんが…中島みゆきさんの「ファイト」と 「世情」の2曲がふと頭の中で繰り返し流れています。
何もできない自分。何かしなきゃいけないと焦る自分。誰かを応援したい自分。大きな力には叶わないと諦めている自分。それでも自分の信じる道を突き進み、散っていったモノたちへの捻れた憧憬やリスペクト。決して、それが誉められた諸行でも正解でもなかったとしても、あの日あの時を生ききったモノたちは、今の日本をどう生きたかなあ…等と想いを巡らせています。
妃香里さんの沖田総司…本当にかっこよかった✨また満席の客席から舞台を見つめたい!💖

投稿: ジェミニ | 2021/08/08 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨前線上のアリア | トップページ | レコード! »