« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023/03/28

カーテンコール

230328094209675_deco


演出の石丸さんが最後の最後に「友になってくれてありがとう」という言葉を下さった。

カーテンコールはグループごとに出てお辞儀をするのだけど…男衆、ホムンクルス、軍部…その中で私は、石丸さん曰く「メイユウ」のグループだった。入れる場所が無かったので仕方なく名優に入っちゃったんだなーと思ってたけど。

千穐楽終わって、ひと晩明けてやっと気づいた。

名優じゃなくて盟友にして貰えたんだ!って。

今更じわじわきてる。

|

2023/03/14

イズミの源

1678770421333


源泉徴収⁉︎いや、確定申告の話じゃなくて…。

革ジャンを着込んで乗り込んだ大阪から帰って来たら、すっかり暖かくなってる。

家の庭では、梅が終わりに近づき、すももの花が咲き始めてた。
裏庭の畑の隅っこではチューリップがあおあおとした芽を出してる。
父が生前、もう咲かなくなった球根を畑の隅っこの土に還そうと埋めたもの。
最期の病床で「あのチューリップ咲いたよ」と母が言った時、父は遠い目をしていた。たぶん、自分はいなくなっても花は咲く…と。
私はその会話で、裏庭の隅に花が咲いている事を初めて知ったのだけれど。

世の中は常に大きな流れに従って流れているっていう台詞を言う度、必ずこのチューリップの色と景色が脳裏にチラつく。
世界の循環を痺れるほど感じる、私のイズミのもと。

|

2023/03/06

#舞台ハガレン

1678070912462


いわゆる2.5次元舞台のようで、ミュージカルじゃ無いのにグランドミュージカルのようで、ライブでお芝居で。フルメタル的な品のある硬質さを装っているのに、その奥に汗と涙を携えた生物的な熱がある。
これは舞台稽古を客席で観た、私の感想。

そこでハッと思う。
舞台美術、映像、衣裳、大小の道具、明かり、曲、音効果、そして役者。全てを束ねて溶け合わせた演出の石丸さんそのもの。どこの部所にも細部まで最後まで心血注いで出来上がった完成品。いや、まだまだだと仰りそうですが…。

そのひとつの部品としてしっかり働きたい。このでっかい完成品のちっさい部品が欲をいうなら…要の部品として。

創る方は汗と涙が滲む思いで必死にやってますけど…とはいえ娯楽ですから…楽しんで観て欲しいです。そこまで出来たら完成なんだろうな…。

FULLMETAL ALCHEMIST
coming soon!!!!!!

|

2023/03/03

弥生

1677817385879


桃の節句ですね。
壇を組む元気はないので、混雑極まりないお祭りになっております。とりあえず外気にあたって頂いております、ウチの雛たち。

さて、ぼちぼち大阪入り。
自分ではやるだけの事はやって、考え得る事は考え尽くしたけど、幕を開けた時のお客様の反応は予測出来ない。
だから、やっぱりドキドキするんだなぁ。

庭の梅が咲き始め、チューリップが芽を出し、水仙が蕾をつけた。
季節と共に、凍てついていた時間が緩んでいきますように。

舞台ハガレン、まもなく開幕。

|

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »