2017/09/23

記念品

「ワイルドビューティ」お運び下さった皆様ありがとうございました...だいぶ、日にち経っちゃいましたけど。

大好きなサラベルナール終わっちゃいました。
本番、百合の花を抱えて上手の袖でスタンバイしてる時、いつもサラが話しかけてきてました。「大女優はそんなガクガク緊張しないわよ!」とか(笑)
後、袖に居るときはずっとずっと早着替えしてましたね~。着替えるのって案外体力消耗するんです。ほんっとに頑張っても、いや本気で頑張らないと絶対間に合わない箇所が何個かあって、毎回ドキドキギリギリでスタッフさんたちにも本当にお世話になりました。

それから、今回の女性キャスト。壮さんと大月さん。
お二人ともかなり男前⁉でさっぱりしてて楽しくて大好きな方たちです。終わってから既に女子会やっちゃいましたの、おほほ。

写真は楽屋スリッパ...終わったら捨てて帰れるようにこれにしたのに。サインも入ってて捨てられんわ‼

記念品

右が壮画伯。左が大月女史。今回の収穫...記念の品。

| | コメント (3)

2017/09/15

ワイルドビューティ開幕中!

1505466380162_2

銀河劇場のロビーではキャストが考えたカクテルを作ってくれるbarがあるの。

私のリクエストはワインのふりした葡萄ジュース。それにベリーが入ったノンアル...その名も「サラベルノアール」おいしかった!

170915180856_2

オスカーワイルドの世界に浸りつつ、是非、お試しあれ。

| | コメント (4)

2017/09/06

ああフランス行きたい

1504665397846

初演の時に買って読んだ、サガンが書いたサラ・ベルナールの本を再読。
なんか、ページが折ってあるんだけど...
今読むと、あの当時何に反応してこのページに印を付けたのかさっぱり分からないのが我ながら面白い。

この本はお墓の中のサラとこの世にいるサガンの書簡形式で綴られているのだけど、前回読んだときとの決定的な違いは実際サラのお墓に行って私自身がまるでサラと喋った事がある気になってること。

ペール・ラシェーズの墓地でなかなか見付けられなくて探し回って、気が付いたら2時間歩き回ってた。
ようやく見付けたらお墓の中のサラが「そう簡単に見付かったら面白くないじゃない。ちょっと悪戯してみたの」って言ってた...気がした。「握りしめてたお花も萎れ気味です」って供えたら「どうせそのうち枯れるし」って言われた...気がした。

はー、舞台上のあの一瞬にそんなしなやかさが、現せれば良いのだけれど。
ワイルドビューティ、カミングスーン!

1504666764210_2

 

| | コメント (3)

2017/08/26

テラミス

テラミス

斉藤恒芳さん手作り、シュガーレスのティラミス。

ワイルドビューティのあの素敵な曲をつくる上にこんなお洒落なスウィーツ作っちゃうとか...さすが!

私ホントにクライズラーカンパニーの頃からファンだったし、CD 全部持ってるし。
音の相談しつつ稽古場のピアノをパラパラ弾いてるのとか見ると胸がきゅんきゅんするん。ホント、ただのファン。

...なんて、ウキウキしてる間に8月終わっちゃいますね。お稽古も着々進んでます。
ワイルドビューティ、カミングスーン!

| | コメント (2)

2017/08/07

ワイルドでビューティな意気込み

初演のCD 聴きなおしたら...自分、下手クソ過ぎて赤面。
でも、曲も歌詞も凄い。どう凄いかって...一気にあの時代のヨーロッパに行っちゃったもん。

約10年を経て、またこの作品に出逢えた。 数年前の出演作を思い出して、今ならここまで出来るのになと思う事がよくあるけど...まさにまさに!お試しチャンス。

ちょうど初演の頃、なぜかフランス人の役をやることが多くて、どうしてフランス人てこんなに強くてしなやかなんだろうって思った所から、フランス語を勉強し始めたり...フランスまで行ってオスカーが逗留したホテルに泊まって、サラ・ベルナールの眠るお墓まで行っちゃったり。あの頃よりは少しだけ広く世界が見えてる。はず...。

何より、毎日あの世界に浸れる幸せよ。まだ始まってもいないけど終わらないで欲しい(笑)

| | コメント (3)

2017/07/30

音楽会

音楽会

森さんのライブ。

行ってみたら、みんないた‼
そりゃいるわ。
まだ10日位しか経ってないのに懐かしかった...久しぶりに会う家族みたいな、ちょっとした気恥ずかしさの中、森さんの声で「ボクハレ」の劇中歌を聴いたら、無条件に沸くでしょ。
でも、アリシアキースの曲を森さんの男性声で...が、好きだったかな。そうなの!彼のアンプラグドな所が好きなんだなって気付きました、これ聴いてて。

「ハレバレハレルヤ」は1回でいいから昨日のバンド編成の中で歌ってみたい!

バックステージパス、下に小さく「帰りに回収します」って書いてあるのに、スマホケースに貼るやつ(笑)

音楽会

| | コメント (4)

2017/07/18

ハレハレ

もうね、ひとつき半前の稽古が始まったあの日から毎日あのペースで泣いてたんです。

何より目がハレハレ。ずっとハレハレ。

どこにも翔子は泣き虫なんて設定は書かれてないんですけど。泣く気もなかったんですけど。

すんっと翔子でいるだけで勝手にそうなるので、敢えて抵抗せずに。

誰よりも執着して、誰よりも生命力。だから、悔しくて。悔しいからこそ涙が出るんだと...。

でも、翔子には全世界を敵にまわしても無条件に傍にいてくれる篠原がいるから、篠原さえ喜んでくれたら良かったりするから...強いんだろうな。

人の心なんていつどう変わるか分からないけど、そういうのを勘違いするお目出度いところが、翔子と私の共通点?(笑)



ボクハレの全てに、キャスト、スタッフの皆さん、応援してくださったお客さま、そして石丸さんに、愛と感謝を。ありがとうございました。

また、ハレハレになる日が来ることを願って。

Img_20170718_095250_3

| | コメント (4)

2017/07/16

夏?

夏?

いつの間にか梅雨明けましたの?

そして...もう明日「ボクハレ」は楽日。

写真は、昨年の夏の「アンスタ」仲間たち。あの時は確か⁉3人のマネージャー側の役だったわね~。あれから約1年後、また一緒にピロキと舞台に立っている。
きっと「ボクハレ」メンバーとも、また違った顔で逢える日が来ますように...また素敵な作品で皆さんと逢えますように。
ハレバレハレルヤ願いを込めて...最後まで歌います。

| | コメント (2)

2017/07/14

ハレバレハレルヤ

毎日泣いて毎日怒って毎日笑って、ボリュームマックスで稽古してきましたが。お客様の反応を想像しながら稽古してきましたが。
やっぱりどうして想像だにしなかったところで想像だにしなかった反応があったりして、「そうか~。そうなんだ~」と...。

完全防備で挑んだはずなのに、やっぱりお客様がいて初めて完成するのが舞台なのですね。

「ボクハレ」開幕してます。

毎回、今日の物語がどんな風に立ち上がっていくか期待と緊張で...ハレバレハレルヤ40代担当、ぶっちゃけギリギリ勝負中!

| | コメント (2)

2017/07/09

うーなーぎー!

うーなーぎー!

稽古場、最終通し...前のスッタミナ。
ブイブイ行きまっす。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

HIKARI | STAFF | TONO